FC2ブログ
ブログパーツ

THE 跡地

跡地。最近は実験用。見境なし、興味あるなしも関係なく思い出したように勢いで書くだけ。 一時期おお振り用にしようかと思ったこともありました。思っただけですけどね。

スクールランブル 2学期 第10話 

お帰りなさいませ、ご主人様・・・
花井でなくても萌え死にそうですw

ところで、隣子は「りんこ」と読むようです。芸名ですが。

(1)メルカド
天満がパフェを目の前に置きながらダイエット宣言
なんかもう格が違いますw
愛理曰く、日頃の食事が大事とのことですが、
天満の食事は全部八雲が作ってるので、間違いなくそれ以外に原因があるでしょう。
とかいってるそばからパフェ完食。さすがw
んでもってサービスショットキタコレ。
晶姐さんとか、スク水日焼け後とか計算済みとしか思えないプロッぷりです。

で、3等分したら0,3333・・・・で、残りはどこ行くのという話になって、播磨が4等分して1個自分が喰うという荒技に。
なぜか愛理までほめてますが、まあそう行動できるのはすごい。

ちなみに、そもそも
0.99999・・・・ = 1
ですね。説明は色々あるみたいですが、一番有名なのは
「1÷3×3=1」ってやつでしょうかね。たぶん。
3で割ってかけたら元に戻るはずですが、小数だと

1÷3 = 0.33・・・・
0.33・・・ × 3 = 0.99・・・

てことは1=0.99・・・

チョーテキトーなので
何いってんだこのう●こは?とツッコミを入れたい方は、グーグル先生に尋ねれば、ちゃんと説明してくれるサイトがいっぱいある・・・と思うので、聞いてみましょう。


(2)大貧民放浪記
なんですかこれはw
2-Dに天満が取られてしまったので、取り戻しにいくことになった
播磨と花井(時間差バスケ姿w)、迎え撃つはハリーと東郷。

雰囲気というか絵が激変。
事前情報ではアカギパロがあるという話でしたが、これかw
ただ、当たり前の話ですが、賭けるのはクラスメイト(これはこれで大問題w)であって血液ではないですし(いや、人をかけるんだからある意味血よりひどいかもw)、自分の死に興味が無いかのようにバカバカ突っ込んで相手をビビラせ、あげくに完全に手のひらの上で踊らせ、相手の思考や感情(喜び、安堵、絶望・・)までコントロールしてしまう悪魔のような少年とか、「コォコォ・・」やら「クフォクフォ・・・」と笑いながらひたすら狂ってる老人みたいなやつらは出てきません。
たぶん本気でパロやったらBパートのみで2話使うのでwそれで正解でしょう。

狂気のないアカギ、という感じか。
スクランでそれがあっても困りますしね。
そういう意味ではスクラン風味のアカギ(アカギ風味のスクラン?)。

・・・・むしろ「哭きの竜」な気がする。
名前は思いっきり麻雀放浪記ですし。まあいいとこどりって所でしょうか。


とか思ってたら播磨役の高橋さんが萩原さん(アカギの中の人)っぽくしゃべってるではないですか。なかなかイイ!

しかも
アムロのナレーションキターーーーー!!!

ああ、あの狂気と緊迫がよみがえるw
これは今鳥の人かな?うまい。

最後は、同じく麻雀漫画「哭きの竜」よりあの名ゼリフを・・・

あんたら、背中がすすけてるぜ・・・・

負けてますけどねw

今回のパロ見て思ったのは、
本編で普通に書かれていたものを、アニメ化するときに遊び心で北斗の拳っぽく大げさに描くのならたぶんウケたのではないか、と思います(←まだ根に持ってる

(3)カレースタジアム
当然勝手に賭の対象にされた女子達はお怒りですが、ご機嫌を取ろうと馬鹿二人はカレー接待を敢行。
マグマカレー宇宙盛りに花井、播磨、晶が挑戦。
勝者は辛さをもろともしないさつきでした。

・・・思えばこれが彼女の(ry

(4)武神in渋谷
ララのサクセスストーリー、さりげにシャイニングやらなにやら大技が色々入ってましたw

今回はすげーおもろかったです(個人的にはここまでで1,2を争う・・てか1)が、
放送時間が放送時間だけに見てない(or見られない)人もおおかったんだろうな~~。
レンタルしてでも見ることを勧めますよ。

次回は小ネタ集か・・・・
なんか個人的に一番大事な♭がすっ飛ばされてるような気もしますが、たぶんそのうちやってくれると。信じてますよw
サブタイがうまい。


 
ノリはいいです。個人的には可もなく不可もなく。


良かったらポチッと押してくれるとうれしいです。
   ↓ 
ranking2

こっちも↓
ranking

スクールランブル2学期 ♯9 

スクールランブル2学期 第9話「パス!ドリブル!シュート!」の感想です。

謎のバスケ集団はオープニング前に持ってきましたか。
しかし、公園で飯喰うなw

それと、「おかわり」って東郷なのね・・・。
当時はこれは播磨に違いないと思ってましたが、言われてみると東郷でもあってる、のかなあ?

そうそう、2クール目からエンディングが変わるみたいです。
http://www.discstation.co.jp/VSSHOP/cgi/DS_goods_item_CD.aspx?ns=MJCD-23021
小清水亜美&能登麻美子で「塚本姉妹」というコンビを・・・
まあ仮ですけど。

しかしあの二人、唄は・・・・・・・・・・・あんま考えるのよそう。

さて、今週でバスケ編も終わり。速いです。
なんか残るものがないというか、アソミコが救いですはい。
2話にまとめるためにあれやこれが削られてますが、別に違和感もないかな。


さつきはますますシュートカンが戻らなくなっています。悲惨です。
放課後に麻生に呼び出され、
「俺ってどうなのかな?」

そりゃ誤解してもしゃあないですよ。
さつき、痛恨の誤爆



・反乱軍対正規軍
来なくなったさつきの代わりにつむぎが入りました。

反乱軍のメンバーとその戦力をテキトーに分析

C;東郷雅一
 正規軍的には彼が一番の実力者ということらしい。どっちかというと防御面で活躍してました。
決めゼリフ「へイ!ここは各駅停車だ。」

PF;播磨拳児
いつぞやのプールホッケーではスタミナ不足が指摘されてましたが、今回は無尽蔵のスタミナでチームをひっぱってます。

SF;今鳥恭介
公園の時も思ったけど、播磨や東郷はともかく、こいつがダンク出来るのは意外でした。てか普通にすごい。
序盤でララのジャイアニズムによってバッシュを取られますが、奮闘してます。
しかし、さつきが入って実力を出せるようになったイチさんにはかなわず。

SG;塚本八雲
勝手にメンバー登録されてしまったヤクモン。
運動神経も抜群の彼女ですが、ドリブルで敵陣に突っ込んでいく様なタイプでもありませんし、基本的に後方支援系のようです。
それにしても、結局両者ともほとんど出てきませんが、得点とかから見るに、ヤクモンはさがのんと普通に渡りあってたのでしょうか。

つか、さがのん、中学時代は女バスだったのに、話の演出からかは知りませんが、ララに素人の一人に数えられてしまったっぽいのが・・・。

PG;塚本天満
ゼッケンナンバーから既に大物の予感です。たぶんコートを走り回ってるだけなので、つむぎが相手の時はともかく、ララのよくわかんない励ましによって復活したさつきが相手となると、完全にいいようにされてしまっているようです。
見せ場は
ギャラクティックボンバーだけでしょうか。トラベリングだけど。

つか、ここにはっちゃけネタを持ってくるとはやられました。
みんななりきってるなw

そんな天満ですが、妙ちゃんの「エースの出番よ塚本さん!!」
の一言であっさり寝返り・・・。妙ちゃんは先週から暴挙連発でしたが。

さすがにこの天満は引きました・・・。
が、ここは一人でそうこなくっちゃとか喜んでる東郷の顔を立ててノーツッコミで行きたいと思います。

ま、代わりに入ったのがいきなり戦闘意欲を掻き立てられた麻生なのでそこは良しとしましょう。意味わかんないけど。
とりあえず、麻生まで黒いゼッケンじゃなくてよかったw
分からない人はスクラン11巻を読みましょう。

最後は美琴のダブルクラッチで1点差まで迫りますが、わずかに及ばず。
試合には負けたが勝負には勝った的な正規軍と、
飽きたりとかで解散しちゃった反乱軍。嵐は去りました。

打ち上げ、谷サも愛理も晶も、サラすらもいません。
まあ原作では愛理がなんでバスケ部の打ち上げにいるのかって話にはなりましたから彼女がいないのはまあいいんですが、2期になったらどうもサラの影が薄いです。
まあ「ふにゅる~~~」がカットされなければなんとか許せますけどねw

さつきは麻生が美琴のことが気になってるのを察して、身を引いてしまうようです。代わりに最後にアソミコプッシュ、超GJw
麻生も勇気の一投、美琴にバスケを勧めます。
バッシュ購入には付き合うとか、デートの約束もバッチリです。

帰り道、美琴が原作見たときに思ったより、うれしそうな足取りだったのが印象的でした。

最後のオチはここで出てきた花井。
八雲はたぶんもうバスケしないと思いますが・・・幸せそうでいいなwこの男。
うっとうしいけど。
とりあえず、

・小林さんの演技はさすがだけど、たまに野原しんのすけに聞こえる。
・今鳥もずいぶんいい味だしてきました。
・妙ちゃん、アテナはないだろうw
・アソミコの闘いはこれからだ。
・お嬢出そうよお嬢

といったとこでしょうか。

とりあえず、原作に比べてひどいところが少なくなってて良かった。

来週はスクランらしい小ネタ責めですか。

ところで、今回こんな字幕が。
「次回の放送は6月11日です
(6月11日は放送時間を変更する場合があります)」

うわ、キタコレ。

いつぞやの人骨送りつけ事件の影響ですね。
あのとき、俺は

.hack録ろうとして失敗すると録られてるのは30分ずれなのでいぬかみ

「なんじゃこりゃ!!?」と思いつつも
「でもアニメだからまあ許す」

つまり犯人はいぬかみ視聴者、とかテキトーな事を抜かしてたのですが、その後の報道を見ると、どうも「いぬかみっ」ぽいかな、と。

それに備えてますね。
最も今回の場合、延長幅はかなりすごいらしいのでちょっと注意が必要です。

 
ノリはいいです。個人的には可もなく不可もなく。


良かったらポチッと押してくれるとうれしいです。
   ↓ 
ranking2

こっちも↓
ranking

スクールランブル2学期 ♯8 

スクールランブル2学期 第8話の感想です。

とりあえず、バスケ編に入ったスクランですが、小林先生、こんなことやってのねw


漫画は面白かったですが、これはジャ○プへの挑戦状でしょうか?
おもしろかったからいいけど12P(ry

てかギャラクティカktkrw


まあ、話の矛盾点というか突っ込みどころは腐るほどありますが、その辺はスルーしてあげるのが人情・・・・でしょうか?でもソフトに突っ込んできますけどね。

冒頭の超絶漫画を見てバスケに目覚めた天満。本人はやる気満々ですが・・・。
肝心のバスケシーンは某スラムダンクのアニメと同じような感じかな。動きは不自然ですが、まあコレくらいなら・・・と勝手に納得しました。

さりげにうまい嵯峨野、スペック高い麻生、対抗して豪快にダンクを決めるものの手が抜けなくなった(どんな状況だ・・・w)播磨といった感じでしたが、その様子を見てた新キャラ、俵屋さんが女子バスケ部を作ろうとお姉さんのところに相談に。

天満はやる気満々ですが、愛理、あっさり黙殺・・・
それでも勝手にメンバー登録してる天満はもう見上げた根性です。

ララ役の小林さんの名演技が光る中

「アイムゴリ!」は吹きましたw

Bパート、他人の恋愛には鋭く押しが強い天満。にやけ顔がつぼにはまりました。
しかし天満、(おそらく)せっかく八雲が朝早く起こしてくれてるのに二度寝でサボりっぱなしとは不届き千万です。
その後、天満のいった通り麻生に気がある俵屋、何かと美琴に突っかかってきますが、美琴はちょっと腹立ちつつも「きれいだ」と。
あまりに純粋なのと、この時点で美琴にそういうつもりはあまりないのとがあるでしょう。

そして、天満切なスCパート。
普通に考えれば朝練ずっとサボってて平然と輪に入っていく方もいく方なのですが、お姉さんのひどさが目立ちます。
こういうとき天然だとねw

天満は八雲に弁当はもういい、と何度も言おうとしますが、八雲の姉思いパワーを見たら何も言えずに笑顔・・・・せつない。
管理人さんと五代君状態です。

でも、「今日もいっちょダブルドリブル決めてきますか!!」by天満
は普通に名言だと思いましたw

どうでもいいことをたまに考えるんですけど、
実はこのとき八雲は天満の心を読めていて承知の上での弁当だったとか・・・
やべ、黒い、黒過ぎるよヤクモンw
ま、見えなかったんでしょう、普通に。

ちょっと今回は痛々しかったけど、八雲に対してお姉ちゃんやってる時の天満って結構好きなんですよね。

そんな天満に助っ人参上、

類(バカ)は友(バカ)を呼ぶ
と原作の柱であおられた通り、濃ゆいチームが出来上がりましたw


全体的にさらりと流されてしまい、記事書くときになんか残ってるものが無かったりするのですが、この辺は少し頑張って欲しいとこです。

来週は・・・またか。
てかコレの後アレみたから
化逆門始まるかと思っちったw

良かったらポチッと押してくれるとうれしいです。
   ↓ 
ranking2

こっちも↓
ranking



スクールランブル2学期 ♯7 

スクールランブル二学期 第7話、の感想です。

小林先生がアニメスタッフに「好きにやっていいですよ」といったので、声優さん達もまじえて若干暴走してしまった・・・・という感じの7話。
話はまあ面白かった・・・・・かな・・・・・・?

ちなみに冒頭の愛理と天満のおにぎり交換自爆以外はオリジナルエピソード。(Aパート)
ここでこれをもって来るとはなかなかの仕事人です。

そして、どちらかというと1期の香りただようピクニック編
登場人物も4人娘with八雲、と三馬鹿で懐かしのメンバー(ヲイ です。
八雲の弁当を、と思ったら案の定天満がおかず忘れてきたため播磨と花井、ついでに今鳥による料理対決が実現。

なんか焼きたてじゃぱんみたいになってますが、どうするこれw
個人的には将太の寿司

しかし、播磨の料理には味が尖ってるとのダメ出し。
しかしこの声と口元の萌えボクロはっ・・・・・!
イトコセンセでした~~。しかしホントやりたい放題だな・・・・

一方花井の方も又吉じいさんに突っ込まれ結局勝者マサル。
なんじゃこりゃw

個人的には本人を前にしてDカレーという潔すぎる勇者今鳥をたたえたいところですが、あいにく場外負けw

何のフォローも入らないトンデモ展開とトンデモオチ、そこに一切の救いはありませんw
でもおもしれw

Bパートはアルバイト編。

麻生とサラは中華料理屋でバイト。この二人がメインにならないのは今回の全体的な流れ(ギャグ)のためか。
八雲はコスプレ喫茶。オチとしてはベタなので着ぐるみは読めてはいましたが、まさかあんな丸いウサギとはw
ま、何着てても八雲ならOKですよ。

そして、TFには一応バイトはするけどどれも長続きしたためしがないと書かれていた天満
パンの袋詰めです。
北斗神拳級のスピードです。

しかし、妄想が災いして爆死w
しかしアニメ天満やっぱいいですね。ってかいてて思ったのは彼女にこの後訪れる不遇の時代(つか不遇過ぎ・・・)の救済ってことは?

後はエロソムリエとその仲間、古本屋で働く晶ですが・・・飛ばしてるなw姐さん。
実はあれも特撮という変なオチがつくかもしれません。

 
ノリはいいです。個人的には可もなく不可もなく。


良かったらポチッと押してくれるとうれしいです。
   ↓ 
ranking2

こっちも↓
ranking


スクールランブル2学期 ♯6 

スクールランブル2学期第6話の感想です。

おおおおおおおおお!!

ロンッ・・・!ロンッ・・・!ロンロンッ・・・!ロンッ・・・!
ロォン・・・!


いかんいかん、一人鷲巣様やってたら脳内物質が駆け巡ってました。

コレの原因は一番最後の方にありますが・・・・。

今回で演劇は終わり。早いです。
ナレーションは隣子ですが、・・・鼻がなくなってます。
前のは美人と思いつつ隣子はこうじゃないと、とも思いました。演劇編、図ってか図らずか、普通の高校生の演劇みたいなノリになってます。
水着相撲軍団も友情出演してますが、あれが自分たちから頼み込んでの出演だとしたら、勇者にもほどがあります。

ここでアクシデント、播磨が寝てるベッドが舞台に上がってしまいます。
本物のお姫様、周防はというと・・・
冴子に落とされてからようやく正気に戻ったゴリ山に説教食らってます。
お姫様喫茶って何だよそれw
しょうがなく劇を続ける愛理達ですが、ここで天満唯一の主人公としての見せ場がありました。
「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足、これなんだ?」
天満「簡単よ、答えは化け物!
ある意味正解にしたいところですが、そういうことを自信満々に答えるのが天満クオリティです。主人公は私とばかりに大アピールです。

で、愛理、お姫様(播磨)にゴメンナサイされて笑い者になってしまいます。そろそろ酸いって入ってきました。
客が見てなかったらジャンピングエルボーだったところですw
愛理、播磨のベッドに八雲がいたことの方に怒ってるようですが、よく考えたら八雲は別に悪くないですよね・・・。てか、愛理が引きずりだしたりしなければ丸く収まってたのでは・・・・・。

愛理の対八雲戦における戦果
私情のこもった連続攻撃  →  涼しい顔で受け流される
さらに私情を込めた突き  →  カウンターで自爆
怒って演技も忘れて攻撃  →  やっぱり受け流される
詰問           →  あっさり答えを返され興ざめ
惨敗の後、最後にただで帰ったら承知しないと、あおるだけあおって敗走・・・・


お嬢へタレだよお嬢・・・
ま、そこが萌えどころなんですけどね。
それにしても、例の口パク、結局謎のままでしたが、ずいぶん長かったですね・・・。

結局八雲は覚悟を決めてしまいます。愛理がああいったのはできっこないと思ったからなのでしょうか?やっちゃったときの愛理の反応もまた見てみたいと思った瞬間でした、が結局女スパイと幸せになった播磨・・・

そして見所はなんといっても後夜祭キタコレ。
後夜祭をなんで体育館で矢神生徒だけでやってるのかは意味不明ですが、まあそんなことはこの際どうでもいいのですよ。
お姫様がやりたかった美琴、それをよく理解してる花井。
花井はそれにしてもお節介というかなんというか、色々世話焼きですね。
しかし、そのおかげで

アソミコダンスキターーーー!!!

なんかキラキラしだして、アニメならではの演出がニクいです。
多分演出だと思いますし、そういう意味ではないのでしょうが、美琴の頬がほんのり染まってたのも見逃しませんでした
馬鹿侍、脳内物質が大量に駆け巡っております。
さりげなくお似合いだ、と見とれるギャラリーの中に男泣きしてる菅がいたのはお遊びなのでしょうか?
ま、よかったわ。

飛ばし過ぎと思ったら次回はオリジナルエピソードを入れてくるようです。
期待してます。

 


良かったらポチッと押してくれるとうれしいです。
   ↓ 
ranking2

こっちも↓
ranking

スクールランブル2学期 ♯5 

ペースがやたら速くなって参りました、
スクールランブル2学期、第5話の感想です。

そういえば、音泉にて、スクランのネットラジオ番組が始まりました。
晶役の清水香里さんと、サラ役の福井裕佳梨のお二方によって進行してます。
おもろいのでこちらもお勧め。
って、やっぱり12巻の表紙がアレだったことに清水さんはお怒りの様子でしたw
巻末の晶×花井?おまけ漫画くらいで釣られる清水さんではありません。
とりあえず、これで「姐さんは最終巻かその前の巻のために温存してる」説が濃厚となってきましたがはてさて。


ところで、今回世界卓球がさりげなく延長してましたよね。
うちのデッキは番組表予約とか出来るくせに延長とかに対応してくれないという有り得ない仕様なので、しょうがないから時間設定して録画予約しました。
もうホスト部の二の舞は勘弁です。

そんなスクランですが、展開、テンポ共に速いです。スクランの前にゆったりとした流れのほのぼのアニメを見てる影響もあるのかも知れません。


学園祭初日は、バンド演奏、水着相撲と晶姐さんプロデュースの喫茶店?というかキャバクラです。
てかこれはやばいだろ、と改めて思いましたw
今日も天満がいい感じです。主人公の扱いを受けてなくてもいい感じです。小清水さん今日も全開ですね。

売り上げ順調に見えた2-C(てか舞ちゃんとかよくOK出したな・・・)ですが、なんと、茶道部カフェに客が流れてるとか。
奈良はイトコセンセのメイドに撃沈(これは強烈ですw)
花井は自ら宣言したとおりヤクモンの前にあっさり撃沈です。


しかし、こんなとんでも展開の中、八雲が出てくると真面目?になるのもスクラン。
手塚本先生になりきって播磨に助言を・・・。旗派とはいえこういうのには弱いのですね、わたくし。

一方、花井は一人空回りです。2-Cホスト化計画かという勢いでしたが、麻生、今鳥が欠けていたのが致命的となり撃沈。

漫画的な理由だろうと思いつつも真面目に考察してみると、
今鳥がおそらく「タリィ」くらいの理由で抜けたのは納得として、麻生はいずこへ?
なんかホストやらされそうだから逃げたのでしょうか?


Cパートはケーキ事件です。
それまでもよかったけど、このパート、スクランっぽくて
好きですね。ギャグ全開でありながら最後は綺麗に決めるのがグッド。

エンディングの後に♭ネタ。
綺麗に締めてますね。
修治と美緒の話です。修治はなにやら学校で自分のあこがれの人について豪語するというなかなか勇敢な行動に出てます。
小学校時代ってそれは一番隠しておきたいところだろ・・・・。

修治があこがれる「塚本さん」はもちろん八雲のことですが、美緒はマスクつけてデュワデュワしゃべるピコピコに出会ってしまいます。
さすがにこれは反則です。さりげなく通訳できちゃう晶姐さんもすごいですけどね。

ま、最終的には修治あこがれの綺麗なお姉さんに会えて、なんか勇気づけられてましたので一件落着です。
八雲の口からきっぱり「好きな人はまだいない」発言が出たのが今回の隠れポイントでしょうか。
まあ、この後怒濤の愛理vs八雲イベントが待ってるわけですが、アニメでは少し気持ちが前へ進むのが早そう(なんとなく)なので、この辺も注目です。

しかし来週で演劇も終わってしまうのか・・・。
どこまで進めるつもりなのでしょうか。



良かったらポチッと押してくれるとうれしいです。
   ↓ 
ranking2

こっちも↓
ranking


スクールランブル2学期 ♯4 

初っぱなから魔法少女キタコレw


スクールランブル2学期、第4話の感想です。
ま、結局サバゲは無意味に終わり(学祭の進展具合としては)、結局両方(正確には全部ね)やることになった訳ですが・・・・。

とりあえず演劇のネタ合わせ。
まずは播磨×花井の危険なネタ。コレ書いたのいったい誰でしょう?謎が謎を呼びます。
2番目はガラ○の●面ネタ。コレもw
コレを書いたのは、「冴ちゃん」。現時点ではあれですが、彼女ですね。
3番目、かけそばです。播磨が書いたように見せた晶のネタ。この辺はさすがとしかw

ちなみに表には出てきていませんが、播磨と花井がどんな話を書いたのかは火を見るより明らかなのでスルー。

そんでもって今週の見せ場、愛理の悶々アンケートw
相変わらず他を圧倒するおにぎりプッシュをする暴走天満ですが、空気が読めてないというか鈍いにもほどがあります。
よりにもよって愛理に頼むとは。しかも勝手に八雲の名前を出して
愛理の怒りを買ってます。

しかし、俺にしてみればこれはナイス判断w
いつもの3倍モジモジする愛理が見れました。

銭湯。
本来ならコレでもかと無駄なサービスカットを出すのですが、そこはスクラン。
あくまでもさわやかなお色気です。あんまやられてもひきますからね。コレくらいがいいのです。一応原作以上ではあるし。


つか、つなげ方があれというか、一瞬アニメでは八雲もついてくるんじゃないかと思いました。
さすがにないか。

そういえば播磨の妄想中の音楽、神田川じゃなくて窓(髪がフサフサの頃の松山千春の歌)だよね?
微妙なので確証はありませんが・・・・。


最後はおにぎりです。
さりげにアイコンタクトがカットされています。
まあ、ないと不自然というほどのことでもありませんが、なんかあれなのでしょうか。
ここでのメインは播磨ですからね。

その播磨ですが、アニメの特権ということで、かなりリアクションがすごいことになってます。
特に天満のどう握ったかよく分からない立方体おにぎりをどか食いするところは秀逸でした。播磨漢だよ・・・。

最後に挿入された花井と美琴のトーク。
失恋ネタをカウンターでぶり返すデリカシーのない花井ですが、美琴にそこまで突っ込めるのも彼だけの特権でしょうか。
のちにあの男がコンプレックス感じて悶々としているのも納得です。

最後のオチがないのできれいにまとまりました。あった方がいいという声もあるかもしれませんが。


今週の名言
(センド・マイ・ハート)

髪を両側でしばってる
目の前のツインテールなどいっさい眼中にない播磨と勘違いして独り相撲を始める愛理萌えw

今週の格言

カレー味のおにぎり自体は決してまずくない!
肝心の烏丸が食ってないので何のことか意味不明かもしれませんが、天満のおにぎりです。
カレー粉使ってカレーにぎりはやったことあるんですよね。
カレー好きなので、チャーハンにしても焼きそばにかけてもだいたいうまいです。


良かったらポチッと押してくれるとうれしいです。
   ↓ 
ranking2

こっちも↓
ranking


スクールランブル2学期 第3話 

スクールランブル2学期第3話の感想です。

今回はサバゲ編後編ですね。
相変わらずテンポいいです。この辺は秀逸です。
さて、前回登場したヒゲの沢近こと執事の中村ですが、今回もしょっぱなからトバしてます。
小説では軽くですが、愛理にしつこく言い寄る男を本気で屋上から狙撃しようとしたらしいので、愛理のためなら変態的なカッコでサバゲに乱入することくらい問題ありません。

結局麻生と菅は問答無用で倒そうとしますが、万能ではあっても人外ではない麻生君、そこは簡単にバックをとられてしまいます。
関係ないですが、今回麻生の声少し変わりましたか?
何となくですが、前より少しだけ「らしい」声になっていました。

ま、ひげの変態はイトコ先生に何とかしてもらって、と。
しかし、

ここで入れてきたかつむぎと花井の虹話。
確かにこれがないとつむぎがただのたまに黒くて怖い子になってしまいますからねw
そして何故か撃てない花井にかわって美琴が一撃
「あたしたちは戦争をやってるんだ・・・」

・・・・オイw
いつの間にか入り込んでます。

そしてサバゲも佳境に。なんかみんな役に入りきって?前よりリアルになってますが、いつの間にかペイント弾にかえたのでしょうか?

そして、虹に続き吊り橋(田中×永山)もバッチリやっちゃいます。彼らもまたなかなかの役者ですが、改めて見ると「吊り橋効果」は微塵も入ってないような気がします。まあいいや。

最後は見所満載でしたね~。
満月が異様にでかいのはこの際おいておくとして烏丸対天満、そしてなんといっても播磨対花井。
これからオチキャラと化していく花井一番の見せ場でした。

今回の話は先週と違って晶姐さんが編集した後の作品だったのですね。
血とかはあとでたしたのか・・・・・・。


結局両方(正確には全部)やることになった2-Cの運命ははてさて。


今週の名言
ミコチャーーーーーーーン!!


じつはラストの播磨ああぁぁぁ!!の方が印象的だったりしたのですがやはりこっちで。


今週の格言
それでもアソミコこそが真実!!


麻生いいよ麻生。

つか、実はまだ研究室にいるというこのオチ。
そろそろ家に帰りたいです。

良かったらポチッと押してくれるとうれしいです。
   ↓ 
ranking2

こっちも↓
ranking
プロフィール

  

Author:  
月間ゲーム人気投票

フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
926位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
461位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム