FC2ブログ
ブログパーツ

THE 跡地

跡地。最近は実験用。見境なし、興味あるなしも関係なく思い出したように勢いで書くだけ。 一時期おお振り用にしようかと思ったこともありました。思っただけですけどね。

涼宮ハルヒの憂鬱 第12話 ・・を見てしまった 

いや、なんか突発的にね・・・

来週も見ると毎週見そうなので、とりあえず今回だけにしとこうと思いますw

おかげで今ひとつ分からんこともあったけどまあいいや。

文化祭か・・・なんか細かい所までリアルに動いてていいですね。

ライブが気合い入ってます。ホント妙に。
つか、アニメで全部再現するかコレ。
だいたい(全部?)動きと合ってますよね。

普段のハルヒは天地逆転唱法(下の方参照)とかしちゃいそうな勢いらしいですが(違ったらスマソ。)今回はノーマルです。

うちの高校にも一個上だったかに異様にギターうまい人いてどこぞのヘヴィメタルの速弾きをガンガンコピってましたが・・・・
ヘヴィメタといえば、ハルヒ達の前にまさにヘヴィメタの偏見の結晶とも言うべき鬼バンドが・・・

・・・つかあれ?クラウザーさん?
まあいいや。

つかあれだ、1時間の準備でやる曲じゃないだろw
顔色一つ変えずに弾ける曲じゃないだろw

メタルではない、のでそこまで楽器が自己アピールする事はありませんが、ほんのりとギターの速弾きも随所に入ってました。
その部分の速弾きギターの描写は・・・さすがになし。

さすがにアニメで出来る指のスピードはあれが限界なのか、はたまた限界なのは予算の方か?
終盤のギターアニメのスピードの時点で作画担当の人は相当やばそうでしたけどねw

どっちにしても高校生が弾く速弾きではない!
つか、前のメンバーの人もこれをやる予定だったとでも?
やう゛ぇw

歌もうまいですね。誰だろ?(←キャストくらい見ろというツッコミはなしでお願いしますw
(*追記)
平野綾さんでした、てか本人かよっ!
うめえよ、鬼のようなうまさだよ。長門もなんかあり得ないでしょwまあ何でも出来そうなタイプではありましたけど
しかし、せっかくギター二本あるんだし、ツインソロがあるヤツとかにしてもよかったかもしれません。
ヴォーカル?みくるたんでお願いしますw

さりげにベースもえぐかったのが印象的。

まあ、一回しか見てないのでろくな感想が書けてませんが・・・おもろい・・・かな。



・天地逆転唱法!
http://bakazamurai.blog37.fc2.com/blog-entry-125.html

昔あったわ。個人的に天地逆転唱法はハルヒによく似合うと思いますwまあ視聴者サービスもかねてねw
馬鹿侍のことだからどうせアレだろ?と思った方は鋭いですw


このアニメ、おもしろいけど、現状が現状なのではまると怖い・・・。
誘惑を断ち切り録画で行きたいと・・。
とか言って来週感想アップしてたらどうしようw

http://www.youtube.com/watch?v=uJtAllnuTuY
ついでに逝ってみたら・・・もうあるのね・・・・。
早いことで。
改めてみるとクオリティ鬼のように高いですねホント・・・。

スクールランブル 2学期 第11話 

茄子のぬか漬けラーメンから始まった今回の話。
スクラン二学期♯11の感想です。

・ナポレオン、生と死の間で
ミコチンの家の芋煮会。
一応めぼしいメンツは集まってますが、話的には我らが沢近愛理嬢を始め出番少なめ

演出なんだろうけど、とりあえず何入れてもどす黒くはならないと思いますw
そしてこれも演出でしょうが、ドス黒ナベを平然と食べる天満をノックアウトした愛理おにぎりと、その上を行く天満おにぎり・・・(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

八雲もナベ奉行になってましたが、あのデフォルメシーンはいったい?
おもしろかったからいいですけどね。

そして花井がキモクなってるw
「フーフーしたから食べたまえ」
ご丁寧に息が黄色いですw
もう嫌がらせとしか思えませんが、花井の心の声にさらされる八雲カワイソス・・・。

つか、ずっとよけてますがとりあえずそろそろ怒ってもいいと思いましたw

天満の「豚汁おいしい」発言ですっかりその気になってしまった播磨、それを察してびびって逃げるナポレオン・・・丸くなっててかわいいw
結局ナポレオンが暴走して芋煮会はお開き?

ナポレオンは

飛べる豚でした。

そう、「ただの豚じゃねえ」とばかりに飛んでいきました。


・西本、性と志の間で
これのために深夜枠になったのか、と勝手に納得w
地震です。揺れてます。地震と関係ないところも揺れてますw

個人的には、あんま無駄に胸揺らしたりパンチラ(最近ではパンモロか・・・)しまくるアニメって、そういうシーンがすごくイタくて好きじゃないんですよ・・というか見ないか・・・・。

スクランって結局そういうあからさまなのが無いのが好感もてるんですが、今回はまあ・・西本だし・・DVDだしw
結局西本は人に配って整理しようとするのですが、もったいない・・・。なんか高そうなのもあるのに・・。

個人的には妙ちゃん似の保健室シリーズがツボ。

あれ、原作で谷さんが似てるとかいってたけど・・・
実は女優さんが百合っぺだったとか

うわわわ、ごめんなさいごめんなさい。
その場のノリで書くと後悔しますねw
・・・ちょっと鬱ってきたので終わりに

花井にあの後どんな悲劇がまっていたのでしょうか?

・サラ、聖と私の間で
サラのお話。
なぜか懺悔室に花井も現れるという新展開。
花井にムッツリ属性が追加されてしまいました。
まあ、某女豹先生(by金崎)の時もなんだかんだで飛びついてましたからね。

サラ、告白されてますが返事は?
ノーっぽいといいたいところですが、そもそも忘れてそうで・・。

田中、ナイスシャウト・・・なわけねーだろw


エンディング後には茄子のぬか漬けラーメンぬかだくで〆

来週は、半ズボン禁止ってなんだろう?

総評
メイン所があまり出てこないので賛否が別れるところ
花井がキモムッツリになってる
お嬢だそうよお嬢
西本は偉大なり



良かったらポチッと押してくれるとうれしいです。
   ↓ 
ranking2

こっちも↓
ranking


うたわれるもの 第11話 永遠の約束 

ギャーーーーー!!
前回の予告見たときのイヤな予感が現実のものに(泣

そんな11話「永遠の約束」の感想です。

ハクオロ達が某爺さんに対抗するため同盟結ぼうとしたら、テオロ乱入、なんでも村が襲われてるとか。


この時点でちょっとずつイヤな予感がさらに広がってきました。

テオロは性格的にどちらかというとしんがりをつとめるタイプ。

そんな彼が王城へ来るのは?
しかも、一旦間をおいてからの「みんな逃げおおせた」とかなんかもうやばすぎです。

しかも「疲れちったから先いけ」って・・・。

やはりテオロは傷を負っていて、そのまま逝ってしまいました。

アルルゥの言葉がホント痛々しくてもう・・・
これの前のシーンでなんか置物?をカミュにもらって喜んでたのでよりいっそうね。
中の人うまいですよ。ホントに。

で、激高するオボロと一喝して黙らせるハクオロ。
ハクオロ自身誰より腹に据えかねてますが、王として感情に流されすぎるわけにもいきません。

しかし、使者が斬られたことで、出陣。

え?エルルゥも行くの?
ムックルに乗ってるとはいえ乱戦になったら心配です。

と思ってたら、乱戦キチャッタ。

そしてトウカさん登場
って向こう側ですよ。

いかにも主役はピンチにやってくるみたいな登場しといてそりゃ無いです。

なんか次回予告でオボロと闘ってますが、オボロにはそろそろ
雑魚キラーの汚名?を返上してほしいところです。

ちなみにハクオロに衝撃の事実が!
なんかラクシャインという名前らしく、今回の騒動自体彼に恨みを持つものの仕業とか・・・。

記憶喪失なのであれですが、実は人違いでしたとかは、ないかな。


良かったらポチッと押してくれるとうれしいです。
   ↓ 
ranking2

こっちも↓
ranking


FATE/stay night 最終話(24話) 全て遠き理想郷 

アンリ・マユに捕らわれた士郎。なんか原作の雰囲気だそうと文字責め。
鷲巣様キターーーーー!!
ああいう演出見るとこれがすぐ出てくるのは俺の馬鹿な癖w

でも真面目には、原作FATEの雰囲気と言うよりはマイルドに鷲巣様入ってますよね。
鷲巣様ってだれですか?

↓これです。
http://bakazamurai.blog37.fc2.com/blog-entry-187.html

あんまよそと比べるのもあれですが、この演出はどうだろう?
実際、アカギの最終話に出てきた「ざわっ・・・」の羅列の方がぞくりと来るものを感じたのも事実で・・・。


話を戻して士郎君、
なにやらすごいことになってますが、
愛のパワーで脱出!

金ぴか、散り際がかっこいいです。
あのセリフもバッチリ。
ここは変に士郎がでしゃばらなくってよかったかな。
麻婆神父もなんか割とあっけなく倒してしまいます。

最後は・・・賛否両論あるだろうし、後味がちょっとというかたもいると思いますが、まあ士郎が満足してたし、いいかな?
俺自身はここのとこの士郎好きですね。
まあ、他がちょっと・・・ということもあるんですが。

それにしても能登さんじゃないですか。
いつぞやのモードレットとかもそうですが、こんな所で豪華キャストとはw
なかなかやってくれます。

なんかいい感じで終わりましたね?
ライオンのぬいぐるみのカットが個人的にグッと来ました。



でも肝心のラストのととがな・・・・・
原作やったときも思ったのよ。
消え際の「愛してる」
「ちょw
 最後の最後でドラゴンナイト4かよっ!」


感動的なんですけどね。たぶん全体を通しても1,2の。
ただ、似てるとかどうかじゃなくシチュからなにから全く同じというのはどういうことだと。
もちろん意図的ではないでしょうが、個人的には二番煎じにも見えてしまい、感動の影に、「あらま」とも思ってしまった瞬間でした。



以下ネタバレ(ドラゴンナイトのw
買おうと思う人はスルースルー。
ドラゴンナイト?
94年、大御所エルフから発売されたS・RPGです。
まだそれほど市場拡大してない98時代、しかも94年はそれほど競争が激しくなかったということもあって、2004年のFATE以上に圧倒的だったようです。
リアルタイムでは小学生でしたけどねw俺。
話自体はカケルが仲間集めながら黒幕(名前忘れた・・・)倒しに逝く話。

カケル・・・主人公、昔のエルフ主人公っぽい。
セイル・・・ヘタレ。でも強くなる。
ナターシャ・幼なじみ。ツンデレ。
マルレーネ・お姉さま。
エト・・・・怪しい仮面の戦士。頼れることは頼れる。

ちなみにこの仮面の男、さりげなくカケルに助言出したりして成長を助けるなど、キャラ的にもすごいいい味だしてるのですが、やたらもてるし、あげくにナターシャともいい感じになったあげく×××・・と、程良い?寝取られ感も味わえます。

結局一周目は惨敗し、目の前で仲間を皆殺しにされたあげく自身は幽閉されてしまうのですが、何年かたった後、マルレーネが現れ、なんか禁呪みたいなので過去に送ってもらいます。
(いわゆる並列世界なので、厳密な過去、ではないのですが)


実はあの寝取り仮面男は未来の主人公だったというこのオチ。
2周目は彼の視点で話が進みます。
未来の自分が正体なら、寝取られたダメージも軽減・・・なわけねーだろw
違いはあるものの、一周目とそれほど変わらない面をやるのはだるいですが、一周目にあちこちに張られた伏線が、2周目のエト視点で解きほぐされていく様は見事です。
で、最後にエトは素顔(カケル曰く「お父さんみたい」、まあ未来のカケルなのでね・)を見せ・・・・徐々に透明になっていきます。


ここから問題のシーン↓
すっかり伸びきった髪なびかせながら、一番最後、消える直前にマルレーネに言ったセリフが・・・
「愛している・・・マルレーネ・・・」
仮面を残し消滅。エピローグへ。

あれ、なんか俺書くの二回目これ?

とにかくPS版やって感動した。
そしてエロゲと聞いて驚愕した。
でも確かにエロい絵もほしい所だと思ったw
たぶん今やってもおもしろいと思いますよ。
エルフさんよ、これXPで出す気無いですか?


すっかり何の感想書いてるのか分からなくなりましたが、最後がドラゴンナイトということで、ふと思ったのが・・・・

アーチャー視点のルートとかどうよ?
もちろんその場合、士郎時代にアーチャーが凛とかセイバーとか(アーチャーの正体は知っている)といたしてるのを目撃してしまう、という寝取られシーンが必要なわけですがw

○総評

最後まで変動しましたが「良」でお願いしまっす。



以下、超チラシの裏

FATEの音楽(今回流れなかったけど)聞くと
「The King For A 1000 Years(HELLOWEEN)」の冒頭思い出すのは・・・俺だけだろうな。なんでだろ。






良かったらポチッと押してくれるとうれしいです。
   ↓ 
ranking2

こっちも↓
ranking

[ 2006/06/18 16:32 ] FATE/stay night(良) | TB(45) | CM(0)

アソミコアイで見るスクラン13巻 

ホォホォホォ・・・!クゥクゥクゥ・・・!
押してきよるっ・・・!押してくるっ・・・!
ものすごい力で・・・!
ククク・・・ 来とるんじゃ・・・・・・! 
今わしの背に・・・いわく形容しがたい何か・・・フヒィ・・・
向こう側の世界の魔物のような物・・・!
そういう連中が今・・・大挙して・・・・!
わしの背に覆い被さってきとるんじゃ・・・・・!
重い重い・・・・!
クゥクゥクゥ・・・! 苦しい苦しいっ・・・!
そしてまた・・・ささやく・・・!
悪鬼っ・・・!
邪鬼っ・・・!
クフォ・・・そういった・・・魔物っ・・・!
鬼のたぐいが・・・
殺せと・・・殺せ殺せと・・・!
耳元で囁きよるっ・・・!
この侍ではもう・・・・・・体勢が保てないほど・・・・!
押してきよるっ・・・!
コォコォコォ・・・!苦しいっ・・・!

狂気が苦しいっ・・・!
フウッフウッフウッ・・・・! クゥクゥクゥ・・・!
キィキィキィ・・・! カァカァカァ・・・・!
(以下略


侍「え~ご覧の通り、ここの管理人馬鹿侍の
  狂い方が鷲巣様の域に達して手が付けられなくなったので・・・」
馬「我々が取り仕切ることになりました。」
鹿「というか一応アレンジはあるみたいですけど、
  管理人の心境と上の文は全然合ってない気がします」

侍「確かに上の文はもともと鷲巣麻雀編でしたからね。」
侍「まあ、コレくらいの衝撃ってことで納得してください。」
馬「つか、たまに気合いはいりますよね。
  色までかえて・・・。」

侍「一休みのときにちびちび記事を書いてるみたいですよ。
  ちなみに今は9:30です。」
侍「まあ、今日で終わりですけどね。」
鹿「てことは微妙に文のつながりがおかしいところもあると?」
侍「もともと文章力はありませんからね~。」
侍「そんなことは置いといて次逝きますよ次。」

侍「あらかじめ言っときますが、
  アソミコ分満載なのでその辺注意してくださいね。」

馬「そういえば、一番上ので思い出しましたけど、
  先週のアニランで大貧民にアカギパロが入ってましたよね?」

鹿「雰囲気は『哭きの竜』っぽかったですけど、
  播磨の声色とか、アムロナレーションとかですね。」

侍「管理人は、アカギパロがあるらしいと聞いた時、
  真っ先に上のを思い出した
そうですよ」
鹿「誰がやるんですか?鷲巣様・・・。」
侍「東郷の中の人に頑張ってもらうというのはどうでしょう」
鹿「一枚出すたびに上みたいなのやってたらいつ終わるか分かりませんよ。」


13巻、簡易感想
侍「一回各話の感想はやったので、簡潔に逝きます。」
侍「お嬢がもうステキでしたね。ボンッとなったりとか特に」
鹿「サラも輝いてましたよ。そういえば次のアニランでは
  サラのあの話がもうあるんですね。」

侍「個人的には福井ヴォイスの『ふにゅる~~』がとっても楽しみです。
 こちらはいつになるかは分かりませんが。」
馬「王道クリスマスもありましたよね。」
鹿「あの回、アニメの人たちどうするんでしょうね・・・。」
鹿「好きな話なんですけど、
  何もなかったかのようにリセットされてますよね。」

馬「つ夢オチ」
鹿「・・・・え。」
侍「夢オチもありですがアニラン『2学期』だけあって
  クリスマスをクライマックスに持ってくる可能性
  もあるのではないかと思っています」
鹿「でも、今ペース早いですよね。」
侍「そうなんですよ。どうなるかは神とスタッフのみぞ知る。」
鹿「八雲も念送ったりとかよかったですよね。」
侍「あれはベストショットですね。」
馬「正月は怖かったですよ・・・」
鹿「天満を馬鹿にされた時の一コマ(104P下)ですね。」
侍「お嬢は演劇でも」
そもそも客席から見えてない八雲を舞台に引きずり出す

怒りの攻撃もあっさり受け流される

根負けして捨て台詞を残し、逃げられないようにして退散

侍「というへたれコンボを決めてくれた訳ですが」
馬「あれは当時八雲が責められてましたね。」
鹿「実際、八雲に責任は無いわけですし、
  愛理が引っぱり出さなきゃ八雲の存在は
  客席に分からなかった
んですけどね」

侍「まあその話はおいといて今回の話に・・・」
ちょっとお怒りの八雲を「やろうっての?」と挑発

完敗

播磨を差し向け「塗れないだろう」と勝ち誇る

八雲の機転に完敗

鹿「見事ですね。」
侍「だがそこがいい!!
  お嬢かわいいよお嬢。」


侍「後はなんと言っても「麻生の青春」ですね。」




おまけだらんぶる
侍「『おまけだらんぶる』についてきたのは
  3人娘によるアソミコいじりと、
  それで不安になった美琴が花井に相談?するはなし、
  天満は実はバイトしてますよという話の3つでした。」
侍「まず一つ目、『麻生君とはどうなのよ?』と」
馬「愛理がずいぶん攻めてますね。」
侍「まず美琴のこのセリフから。」

美琴『まぁ、たまに買い物に付き合ってもらったりとかな』

馬「あんま進展してないみたいですね。」
侍「馬さんツメが甘いですね。注目すべきはここです!」

美琴『付き合ってもらったりとかな』

馬「これは・・・!」
侍「そう!美琴からも誘ってるということに他なりません!」
鹿「あの、縦笛推奨の人、というか普通の人は
  そんな風には読まないと思うんですけど」

侍「あいにくですが、管理人のアソミコフィルターには
  ミコチンが恥ずかしそうに麻生を誘う様がバッチリ映ってますよ。」
馬「それにしても愛理がずいぶん攻めますね。」
鹿「本編では美琴にやられっぱなしでしたからね。」
侍「でも、『人にはペースってもんがあんだよ』という美琴のセリフに対して」

愛理『かわいい~~、純情かっぷるぅ(はぁと)』

馬「よく人のこと言えますねこの人。」
侍「本編ではあちこちでボンッとなってましたからね。」
鹿「同じように美琴にからかわれてましたよね。」

天満『ほら、麻生君て絶対アレだし、ムッツリだし』

鹿「さすがミス爆弾発言・・・。」
馬「むっつりってことですか?」
侍「確かに『っぽい』というのはありますね。
  実際にそうではないとは思いますが。
  まあ次逝きますよ。」

侍「現在18:00です。」
鹿「あ、馬鹿侍さんがようやく正気に戻ってますよ。」
馬「8時間半も鷲巣様やってたのか・・・。」
侍「こっちは我々がやりますから、管理人はさっさとバトン消化しなさい。


侍「おまけだらんぶるその2!」
侍「美琴は、天満達に言いたい放題言われたせいで
  『相手は男のコだし、そういうの期待してるのかも』
  と悩み始めます」
馬「アソミコキタキターーーー!!!」
侍「かなり来てますね。もうにやけが止まりません。」
鹿「道着着てますし、場所は道場でしょうか。」
侍「そうみたいですね、で、花井に相談。」
馬「縦笛キタキターーーー!!!」
鹿「ちょ、馬さんどこ派なんですか?」
馬「いや、ボク、聞き返し担当らしいんですけど
  セリフ少ないんでとりあえずリアクションをと思いまして。」

鹿「花井はアソミコを推してますけど、麻生にとってはやはり
  花井が最大の壁でしょうね。超えたっぽいですけど。」

侍「そうですね。色々やりづらいとおもいますよ。」
侍「2人の絆は半端無いですからね、例えば、美琴が麻生と何か
  トラブルでもあれば、すぐさま花井は気づく
でしょうね。」
鹿「で、いつものようにずずいと奥に踏み込んでくる訳ですね」
侍「こんなかんじですね。」

花井『周防!麻生と何かあったのか?』

馬「時にはそっとしといて欲しい時もあると思いますけどね。」
鹿「でも、二人の付き合いは長いですから、それが花井の優しさだ
  ということは美琴が誰より分かってる
でしょうね。」

侍「麻生との関係がもっと進んだ時には、
  触れられたくないこともあるかもしれませんね。
  こんなかんじで」

美琴『うるさいな!ほっといてくれよ!!
   お前には関係ないだろ!!』

馬「なんか妄想がドロドロしてきましたよ?」
侍「ここから先、縦笛になるかアソミコになるかはみなさんの
  ご想像にお任せします。」
鹿「ここまでは確定なんですか・・・?」
侍「それもお任せ。
  ただ、個人的にはやっぱ幼なじみの絆には勝てませんでした
  ってのはいやですね。」

侍「まあ、そんなドロドロもなさそうですけどね。
  スクランですし、今回の見る限りでも」
侍「それよりも、花井に相談した時のセリフがこちら!


美琴『その、カップルがデートしてるときにサ、
   男の方がキス・・・とかしたいと思ってるとするじゃない?』
美琴『でも、女の方にはそーゆーそぶりがないとしよう・・・
   非情にもそーゆーとき男のコはどうしようと思うモンなのかナ?』


侍「おおおおおおおおおおお
  ロンッ・・・!ロンロンッ・・・!

  ロォン・・・!!

鹿「侍さん、鷲巣様にならないでください。」
侍「ハァハァ、馬さん、これがリアクションの基本です!」
馬「なるほど、ためになります」
鹿(ためにしちゃだめでしょ・・・)
侍「『デート』とか『キス』とかそういう言葉が
  ミコチンの口から出てくるんですから感無量ですね。」
鹿「美琴の気持ちも前に進んでるみたいですね。」
侍「で、花井はこう答えました。」

花井「土下座して『お願いします、キスさせてください』って頼む」

馬「漢だ、漢がいますよ!」
侍「ある意味尊敬に値しますが、ドン引きです。」
鹿「あの・・・尊敬もないと思います・・・。」

鹿「でも、本編で書かずにこういう風におまけで補完するというのも
  いいかもしれませんね。」

侍「そうですね。これからもアソミコを応援します。」

では。
[ 2006/06/16 19:02 ] スクラン | TB(0) | CM(4)

意外とありがちバトンッ・・・! 

欲望に赴くままにのカグさんから、バトンを2つほどいただいてきました。
とりあえず、まずヒトーツ。
実はこっちじゃない方のヤツがメイン(こっちは勝手に強奪してきた方ですから)なのですけどね。
もう一個のバトンの方も後日更新しますので、今日はこちら↓


【意外とありがちバトン】

1.とんがりコーンを指にはめたことがある。
○;いや、10個喰いとかやったでしょw
  全部の指にはめるの結構メンドイんですよ。

2.バームクーヘンをはがす。
○;内側から攻める派でした。

3.扇風機の前であーーーって言う
○;まあ夏の風物詩ですね。

4.ポッキーのチョコの部分だけを舐めとる。
×;いや、無理でしょうw

5.全校生徒の前でバンド演奏という妄想。
×;妄想はないですね~~。

6.自分の写メを何度も撮って、自分が一番カッコ良く、可愛いく写る角度を研究する。
×;実は自分を撮ったことが無いです。

7.歩いてるとき余計なこと考えて足がグキッてなる。
×;歩いてるときは基本妄想しかしてませんが、これはないですね。

8.カップ焼きそばを作ろうとしたが、お湯を入れる前にソースを入れた。
○;苦い思い出ですね・・・。一回だけソースを戻さずに、そのまま
  「ソースラーメンだ~!」と意味フなこと言って食べましたが・・・
  ノーコメントで。

9.自転車に乗ってる時ペダルを踏み外して空転したペダルがひざの裏にヒットする。
×;ん~~、自転車は昔異様に乗り回してたけど・・・。
  サンダル脱げたことはありますが。

10.部屋の電気のひもを使ってボクシング。
○:ちゃんと左右に頭を振りながらやってますよw
  ハイキックで指に引っ掛けてヒモ切った経験あり。

11.鏡をみて「自分はカッコぃぃカワィィ」とか思うけど、それは光や角度の問題で町の外でふとガラスに微笑む。
○:決まる瞬間(超自称w)は・・・ある。でも微笑むのは・・・むりでしょう。

12.自分の声を録音して聞いて、死にたくなる。
○:中学生の頃・・・家で
  ギターかき鳴らして唄った「乾杯」を録音するという
  暴挙
に出ましたw
  大掃除したらテープが出てきてんの・・・
  カップリングは「襟裳岬(吉田拓郎ver)」でしたw

13.深夜にやっている映画を勝手にエロだと勘違いして夜更かしして後悔する。
○:一回変なのあったから・・・
  名前もエロそうなのあるじゃん。

14.街中で考え事してたら、他の人に聞かれてんじゃと思い「聞いてんだろ?」と、意味不明なテレパシーを送る。
○:やべぇw意外とやってるんですね。
  なんかカチョバカテイストです。
  「うなぎ食べた~い」
15.向かってくる歩行者をかわし損ねて、フェイントのかけ合いみたいになる。
○:自転車でなると気まずさ二倍ですよね。

16.全部でいくつ当てはまりましたか?
10個、ですね。なんともはや。

17.バトンを渡したい人
ご自由にお持ちください。
[ 2006/06/16 18:57 ] バトン | TB(1) | CM(2)

リアルタイムな話~健康診断~ 

どうも、バトンを二本も止めてる馬鹿侍です(汗
早めに消化しますのでその辺お待ちを。


研究室を抜け、健康診断いってきました。たった今帰りました。
健康診断にまつわる俺の馬鹿話は数多くありますが、今年はそんなでもなかったか。

・身体測定
 身長体重ともに標準の面白みのない結果ですが何か?
ただ、少し体重増えてる気がします。去年草野球チームを引退(一応)してから、今年に入って研究室にこもりっきりでしたからね。
 俺の場合、いわゆる野球人体型(ウエストに対してケツと太ももがでかい)なので、腰の上に肉がたまりやすいのです。全く困ったもんです。
加えてちょっとS字入ってるのでね・・・、
これは服とか着るときにね・・・

・血圧
 去年は大急ぎでダッシュして入った後、先生にせかされるまま計った(やめればいいのに、俺自身そういう時の血圧がちょっとだけ見てみたかったw)ため。

高血圧な上「脈拍が135回/分」とか出て、
「君少し落ち着いてからもう一度計ってね」と言われた訳ですが・・・。

今年はそんなアホなことやってる場合ではないので、普通に計って普通に普通の値がでて終わり。
どちらかというと低血圧でしょうか。

・視力
 1.0。矯正視力ですが。
コンタクトわざわざ外して裸眼でも計ってもらったら(というと誤解を招きますが、変な装置で見て計ります。説明はめんどいのではしょりますが。)
左右0.05でした。

・検尿
 なんというか、午後にやる検尿ほど精度の低い物はないと思う訳です。
計り方も、俺としてはおなじみの、なんかいろいろ貼ってあるリトマス紙みたいなのにかけてそれを調べるというやる気の欠片もない方式。


・X線
 普通に普通に終わりました。

異常はなし。なにもなし。


・・・・あ、今日の輪講、俺の発表じゃん・・・。
つか四時半からじゃん・・・。

逝ってきます。
[ 2006/06/15 16:08 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

スクールランブル ♯181 

今までとはうって変わったように分かりやすい展開です。
とりあえず、さすがに北斗2週はヤバいと察したのか、バトルは播磨の勝利で幕を閉じ、いよいよ核心へ。

やはりマックスはボスではなく、ミック、サムとともに雇われた「番犬」だったようで。

今週のお約束その2
「だ、誰がハーフジャパニーズのことなんか・・・」

マックスツンデレキタキターー(゜∀゜)ーー!!

なんてお約束なんだ・・・・。
今までお約束とか読者の予想とかをことごとく外してきたスクランとは思えぬ王道展開です。

言うなれば

流川が何もフェイントをかけなかったのが、信長にとって逆にフェイントになっちゃいましたね。
   BY 神 宗一郎(「スラムダンク」より)




というところでしょうか。

しかし、さすがにツンデレでもあそこまでやっては「実は好きでした」でどうにかなる問題ではないような気がします。
ミックとサムの御乱行も・・・。
まあマックスはショーンに牙むいて愛に散るエンドですから別にいいや。

マックスの想いは・・・告げぬままに終わりそうな気がしますね。
どちらかというとマックスまで旗押しはじめていよいよ外堀埋まってテンパる播磨という方がそれっぽい気がします。

何ツーか修学旅行終わったら帰っちゃいそうですよねこいつら。
何のための「留学」だか・・・。


ラストページ。
ちょw本気で味見キタコレw

と思ったんですが、それにしては女子の金髪率が高いと思いました。
これは意外と矢神校生ではなく、実は女子の留学生でしたという落ちだったのかも知れません。

ウィリーはショーン直属って事かな?
となると某メガネの挽回もあるかも知れません。


つかお嬢・・・。
お嬢はどこですか~~!?
マックス倒した後のデレデレ沢近さんと播磨の一コマはどこですか~~!?
お嬢「あ、あのさヒゲ・・その、ありがとね・・・
  か、勘違いしないでよ! べ、別に(以下略」

はどこですか~~(つД`)

全て終わったらあると信じてますよ。

今週の大ダメージは誤解されても何とも思わない播磨君ですけどね。
前誤解されたときには
「俺達は付き合っている・・・らしい・・・」
とか言ってたじゃん。
今回は
「よりにもよってお嬢とかよ」
ひどい・・・。
間違いなく札貼りにいって愛理がいたら玉砕確実なので、その辺何とか頼みますよホントに。


一応先週の予告通り・・・・
ミスター(以下M)
  「ではさっそく先週の答え合わせをしましょうか。」
馬&鹿&侍『は~い。』
M「まず馬さんですが、論外ですね。」
馬「(´・ω・`)」
M「さすがに今週1P目にイトコセンセとか来たら
  暴動が起きますよ。」
M「つぎは鹿さんですね。」
鹿「どうですか?バッチリですよ。」
馬「いや、あんな曖昧な予測は予測とは言えません!」
鹿「でもほら『相打ちになって播磨が立ってる』ってとこ
  までピンポイントですよ?」
M「そうですね。まあ正解としましょう。」
鹿「ヽ(*´∀`)ノ」
M「で最後に侍さんの妄想ですね?」
侍「妄想とは失礼な。
  マックスは愛理に惚れてるとか、あってるじゃないですか。」
M「確か予想のメインは
  「愛などいらぬ!!」
だったと・・」
侍「ぐ、それを責められると痛いですね。」
M「まあそうですね、現時点では20点というとこですが、
  マックスが愛に散ったら50点としましょう。」
侍「( `・ω・´)」

えと、前回表紙予想してましたが

なんか聞くところでは、あの時点で13巻の表紙は分かっていたようで・・・。
というわけで全員外しの播磨&天満でした。

良かったらポチッと押してくれるとうれしいです。
   ↓ 
ranking2

こっちも↓
ranking

[ 2006/06/14 19:16 ] スクラン | TB(2) | CM(0)
プロフィール

  

Author:  
月間ゲーム人気投票

フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
814位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
396位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム