FC2ブログ
ブログパーツ

THE 跡地

跡地。最近は実験用。見境なし、興味あるなしも関係なく思い出したように勢いで書くだけ。 一時期おお振り用にしようかと思ったこともありました。思っただけですけどね。

桜蘭高校ホスト部 第25話 と見せて結構好き放題語るだけだったり・・・ 

まあね、昨日ね、色々あったんです。卒業研究中ですよ。
吉野家復活したから吉野家行こうか?と研究室のみんなの空気がそうなったんです。
でもね、近くに無いんです吉野家。
いいや、松屋にしよう(あっさり)
と松屋でご飯食べてきたの。

でね。時はPM10:30、馬鹿侍に電流走る!!

「あれ・・ホスト部の録画予約してなくね?」

そう、してない。間違いなくしてない。
どうする?今日はもう研究しながら一夜を明かす気満々。
部室塔でシャワー借りてきたし、中途半端に眠れなくなったときのために眠眠打破とか買ってきたし
しかしホスト部もクライマックスだし録り逃しはいたい!
研究作業の今やってる部分は、別に研究室じゃないとできないというものでもない。大学は一応授業はまだ始まってないし、家だと若干集中力が下がるのも事実だが・・・。
しかし・・・どうしよう・・・
こういうときは冷静になって自分の本心と向き合うんだ!!

よし、ホスト部(即決)

帰宅することにしましたw

かくして大学を出たのが10:30、家には0:30着。バス無いから駅から歩いて帰ったので(タクシー?ナニソレ)時間喰いましたがセーフ!!

そんなバカ状況で見た桜蘭高校ホスト部25話。いよいよクライマックス。
学園祭とはいえ基本人を動かすだけ・・・
「企画力と統率力の重視、将来のリーダーとなるためのアッピ~~~ル!」
て、いつの時代だよwとツッコみたくなるのはグッと我慢してw



さて、親父殿やばあさんとかが出てきてます。ぴりぴりです。
アニメで老人といえばやはり杖つきながらもその杖でこづいて
「若造がっ!!気安く触るでないわっ!!!」
的なキャラがお約束(凄い偏見・・・
ですがさすがにこのアニメではそれはないかな・・
・・・・てキターーーーーーーーーーー!!
殿を一蹴です。しかし場所と二人の間柄を考えるとこれはな~。

ついでにまた新キャラのご令嬢(気のせいか、ちょっとケバうわなにをすftgyふじこlp;@)も登場、てここに来て新キャラとはなかなかやってくれますね。


その相手をする環。
ハルヒは口では色々言ってますがほんのりヤキモチやいてるでしょうか?
てかバッチリ妬いてます。いいよいいよ~。
まあもう学校がヴェネチアになっても驚きませんよ俺はw

とここで語られるのは
環の境遇とホスト部の絆。
ハルヒはこれを聞くのは初なようで・・・。
ここでまさかの解散宣言。
お嬢様の色香にやられた・・・ではなくその母親が絡んでいたりするのでしょうね。多分。

ここからはさらにテキトーな語り、というより気付いたら福本分が多くなってきたので続きから

・・・て大したこと書いてないですが


スポンサーサイト



[ 2006/09/20 19:18 ] アニメ感想 | TB(22) | CM(0)

スクールランブル ♯194 

スクールランブル♯194・・・いや、193でもいいけどさ
の感想です。
♭はとりあえず明日でいいかな?
今日はホスト部とこっちで行きます。

えと、進路編最終章でしょうかね?例によって特に何がどうという話ではないのですが・・・東郷ww
「四次元が俺を呼んでいるぜ!」
は久々の大ヒット。
鋭くライバルの出現を嗅ぎつける播磨ですが、この二人のバトルなんて多分ないだろうな。
何?アレについて語ってほしいですと?

愚か者ーーー!!

そんな程度のネタでこの俺が何かすると思ったかっ!
なんか言ってて意味不明になってきましたが。
とはいえ今回他に感想書くところが全くないのもまた事実・・・
ぶっちゃけこのブログの性質上みなさんその辺期待してらっしゃるんじゃないかと勝手に自意識過剰になってみることにして、
せっかくですのでちょっといくか
今回は初心に帰って若干アソミコ寄りで考察してみましょう。

・・・・・・・・・・・・・。

・・・と言ってもやっぱり特に語ることはないかな~と思う、あのシーン。
天満達の話も美琴のツッコミも特に何ということもないですし、つか天満はまあ元からね。
もちろん「絵」としてあの図が描かれたのはでかいです。んが、
煽りも美琴の反応も別にこれと言って。
むしろ文化祭前夜とかの方がリアクション的には個人的に「ちょおっ!そっち行くのか!?」とハラハラさせたものです。

これまたくどい話ですが、私は幼少時の縦笛のあの話も、文化祭での美琴に対する花井の気遣いも好きなんです。八雲馬鹿の時とか普段のお節介仕切り屋キャラとのギャップもまたあってさ。というか私は多分そのギャップが彼の一つの魅力だと思うわけですよ、うん。

が!そのままくっつくなんてなしだよ~~~、と思うわけね。ここだけの話。
それはダメっすよ旦那。まあ今回の話とか見てもそういうそぶりは全くないしくっつく事はないと思うんですけどね。
語り始めると長くなるのでいつも通りここらでぶった切りますが。

今回の話、絵のインパクトは確かに強いですが、さらりと流した感じ・・・だいたいあのときとは状況が違うではないですか。
今はちゃんと相手が・・・・・・・・・・・・・自然消滅とかやめてくださいよ?wイヤマジで。
そろそろヤツも出てきてくれたらなとは思うのですが、変な話じゃなく。

まあそんなわけでどう考えても現在の関係にも次回以降にも影響を与えなさそうなショートギャグ内での妄想ですので、個人的にはそれほど・・・
とかいっといて来週になっていきなり
「おい花井!(やべっ、なんかわざとらしかったか?」
「む?す、周防か(いかん、変に意識してしまうな・・・」
とか始められたらどうしようって
まあこういう展開はないだろうなと思うわけですよ。

やるにしても、シリアスに(ここ重要)もうちょっとひねってくるのではと。

何?まだ納得できない?
じゃあ想像して見なさいっ!!あそこでアソミコでこんなバカ妄想を想像できるものなら!!
もっとも俺はできますけどねw
では行きますよ?
読んで後悔しても知りませんよ?w

麻生「もう4人目か~早いもんだな。」
美琴「やだもォ パパががんばるからァ」


・・・・・・・・・・。
無理でしょ?w 想像できないでしょ?
と、冷静に考えてみると現時点でこんなおバカな妄想ができるのは
今回の縦笛と、播磨×天満・・・あと少し無理すれば烏丸×天満ができるかな?と言うくらい。

いや、そりゃさ、アソミコ自然消滅とかそういう予感もするけどさ。ないって、それは。うん、ない(逃避中w


最後に超個人的妄想考察一発行きますよ?





















今週の「もうしませんから」
読んだ人は分かると思いますが、スクランラジオのレポでしたね。

となると清水さんも福井さんも読む・・・とは限りませんが清水さんはマガジンを読んでるようなことを以前おっしゃってましたし・・・。
そして清水さんといえばPF(プレジャーの方っすよ?て間違える人いないと思うけど。)でも「美琴と接してるときの花井が好き」とあるように、
花井×美琴派でもありますね。
で、だ。毎週ラジオやらアフレコやらに遊び行ってる小林先生
となると声優さん達とも色々スクラントークもする事があるでしょう。
そこで、今週のもうしまに合わせて、スクランで妄想、未来像として縦笛を描くというこのサービス。
しかもそこにいるのは「八雲バカではない」漢・花井春樹でした。
いつも現場にいるわけですから「たまには描いてくださいよ」くらいの話は出たんじゃないかな?とも思ったりするわけですが、まあこれは邪推中の邪推
ここで考えることでもないですね。

それ以外でもPF(えっとプレry。これ、何か別の呼称で読んだ方がいいのでしょうか。)では票を稼いでましたからその辺ふまえての事もあるかも知れません。
とこんな感じでいかがでしょ?


・・・どこからどう見ても妄想です。本当にあry

ま、そんなしょうもない妄想はおいとくにしてもある程度各読者がそれなりに曖昧な部分を自由に補完できる(もちろんしなくても良し)というのも一つのスクランの魅力だとは思います。
どちらにしろそんな伏線とか張り巡らされてる訳でも無し、自分が信じたいようにすればいいんじゃないかな?と思いますね。
終盤になってそうも言ってられなくなってきそうですが。



ちなみに私はだてにスクランをマガジン連載開始時から読んでませんし
だてに体育祭からアソミコに目覚めたわけではありません。

今回の話からもその気になればさらにアソミコに偏った考察も可能!!
まあそこまで行くとただの個人的妄想ですけどね・・・上もすでに十分怪しいですしw



忘れてたw播磨新連載だったw
これはやはり烏丸の連載の後をってことでしょうかね。
烏丸は色々なものを播磨に託す、様な気がするのですがこちらはこちらで気になります。
とりあえず今回で進路編は終わりでいいのでしょうか?

♭はこれまた色々あれですが、明日やりますね。


結論
今回の縦笛妄想が来週以降引っ張られる事
(美琴が意識したりとか)はないでしょう。
ただ、ひょっとしたら小林先生が
何らかの路線変更を諮詢しているのかもしれません
やな予想だなコレ・・・・・


実は根拠もあるんですよ。困ったことに。
アニメ二学期のほうに。
いきなり方針変わったか?というくらい不自然な変化でしたから・・・。


ただ、どちらにしても
「今週のこと」に関しては影響はないですね。

上に書いたとおり、また別の事が起こって今の路線ががらりと変わることは有るかもしれませんが。
(もしそうなったらそうなったで又どこかで語りを入れたいものです)
[ 2006/09/20 17:33 ] スクラン | TB(4) | CM(2)
プロフィール

  

Author:  
月間ゲーム人気投票

フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
814位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
396位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム