FC2ブログ
ブログパーツ

THE 跡地

跡地。最近は実験用。見境なし、興味あるなしも関係なく思い出したように勢いで書くだけ。 一時期おお振り用にしようかと思ったこともありました。思っただけですけどね。

思いついたのは昼休み 

昼休み~~~
一息ついてブログ更新・・・とここで馬鹿侍に電流走る!!

ちょっとひらめきました
おかげで卒論テンパイレベルが1下がりました。
うん、それだけ。
[ 2007/01/17 12:18 ] 学業とか | TB(0) | CM(0)

DEATH NOTE 第14話 「友達」 

や~る~せない~~ おもいを~む~ねに~♪

とわかりにくいネタをいきなり持ってくるのは夜中だから?
ちょっと疲れたので
ブログでも書くか! とこの時間。

デスノ第14話の感想ですが色々おかしくなってないかい?

前回も書きましたが天才は天然には勝てません。
/*ちょっと雑談*/
これの出典、俺が見たのは小説の「天地無用」でした。
もうずいぶん前になります。
ホントの出典なにかな?って調べたらうちのブログばっかヒットしたので不明w
/*終わり*/

前回凄まじく邪悪な笑みを浮かべていたライトですが、
強力な武器であると同時にとんでもない爆弾を抱え込んでしまったことにようやく気付きました。

ミサとレムという存在をどのようにライトが利用していくのか、その辺も注目。
なんかこれだけやってもあっさり気付いちゃうLにも脱帽ですけどね。





あ、後高田さんはやっぱり色々問題あるだろう、と思わずにはいられませんでした。
実写は見てないので分かりませんが、どうにも違和感拭えません。
やはり声優ってすごいなと思った俺でした。


さて、始発乗って爆睡しながら大学行くか・・・。
色々迫ってますよ~~~~。

DEATH NOTE 2 DEATH NOTE 2
大場つぐみ、 他 (2007/01/24)
バップ
この商品の詳細を見る


[ 2007/01/17 04:20 ] DEATH NOTE | TB(46) | CM(0)

なんか起きちゃった・・・これは早起きというのか? 

やべ、起きたら3時半でした。
妙に目が冴えてるんですけど
二度寝しようか考え中・・・うん、それだけw
[ 2007/01/14 03:30 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話「シャーリーと銃口」 

コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話「シャーリーと銃口」の感想です。
いつも通り勢いで書いてるので後で見たらあまりの文のひどさに絶句ですがまあ知ったことではry

1/15
向こう(研究室)で変えたら一部化けちゃったので
ちょっと戻すついでにちょいちょい変えましたです


さて、今回からオープニングとエンディングが変わりました。
オープニングカットはいくつか追加されてましたが、この辺は後で
問題は歌の方ですね。


う、うおおおお!?

この流れる風を思わせる壮大なメロディは・・・・!(逃避中
そしてそこに乗っかるこの高い美声はっ・・・・!(逃避中

君は何をやり遂げるため 生まれてきたのか
それぞれの想いを胸に すれ違う言葉


この歌詞・・・この歌・・・(現実逃避中
まさかあの名バラードを?(逃避中

私の祖国は どこですか・・・?
信ずる人は・・・


まさかここで「嵐の予感(聖飢魔Ⅱ)」を持ってくるとは!(逃避中
壮大系のバラードをあえてオープニングの方に持ってくるのも冒険ならば、この歌をチョイスとはさすがギアス、格が違います(逃避中

いやいやいや、現実には目を向けないといけませんね
さっそくちゃんとオープニングを・・・。

この若干耳障りにゴリゴリ押しまくるギターリフ!!
そして普段とあえてかえたこのダミ声は!!

首をもぎ取れば さらに 悩ましくなり
割れたしゃれこうべ 今宵 冥土への旅立ち




まさかここで「ギロチン男爵の謎の愛人(聖飢魔Ⅱ)」を持ってくるとは!(やっぱり
こんな猟奇的な展開がそのうち来るとでも言うのでしょうかね。

そんな下らない事で現実逃避してたらもうここまで来ました(汗
えと、オープニングはジンの「解読不能」でした。
そのわりに微妙に歌詞が分かるのがまた何とも。



聖飢魔Ⅱついでに言うと、デーモン小暮閣下が作った全編英語で唄いながら全編日本語にしか聞こえない某歌でも使ってくれりゃそれはそれで一人驚喜してたかもしれないとふと思いました。
さて、実際はそれほど現実逃避したいほどのもんでもなかったわけですけど
今のところ絵と壊滅的に合っていないような気がするのが気になりました。


新カットはどれも結構気に入ってるんですけどね。


あと、曲調自体はまあそこそこではないかと思うんですよ。
こういうアニメのオープニングとしては。
でもボーカルの方には大変失礼ながら、歌声がなければまだましになったかな、と思う俺でした。




・ルルーシュの覚悟、カレンの覚悟
ぶっちゃけた話、べつに覚悟決めりゃいいってわけでもないんですけど
彼の葛藤と決意は一つ大きなポイントだったかと。
またなんか書いたら弾かれそうなもの持ってきてくれましたが、C.C.の童◯発言もw
なるほど、これには二重の意味があったのか・・・?
とりあえずC.C.の言葉で覚悟を決めたルルーシュは、今度は同じように迷いを抱き始めた
カレンを導きます。
この辺りは好きですね~。



・スザク空気読めよスザク
話を少し戻して冒頭。
その場に居合わせ、つらそうなルルーシュとカレン。
つい謝ってしまうカレン。
相変わらず強いなと思ったミレイ。ホント彼女のこういう気遣いや言葉はいちいち染み込みます。
ちょっと空気読めないリヴァル、そして最大級に読めないスザクw
沈黙の中いきなりいきり立ち始めた時はもうお兄さんどうしようかと思ったよw

間違ったやり方で得た結果に意味はない

異常なまでに、自分に矛盾があるのもおかまいなしにそういうスザクは多分
間違ったやり方で得た結果というのを経験したんでしょうかね。
今の彼の言動は結局すべてその辺りに端を発してそうですし、いつか描いてくれるといいとは思っているのですが。
いや、実はなんもないとかもあるかもですが

それじゃ面白くも何ともないですから。

スザクの言うこともまたルルに刺さり
実際今の段階の黒の騎士団はいたずらに混乱を呼んでるくらいのことしか出来てないとは思うのですが、やっぱりそれを言うのがスザクというところに少し思うところはありますね。

印象的にはスザクの空気の読めなさ、矛盾だけが残った感もありましたが
ここはクラスメイト(親友)の激高によって、自分たちの行動の果ての結果をより深くルルーシュとカレンが思い知らされるための(もちろん後で乗り越える為の)描写の方が大事なので、
むしろ空気が全く読めてないくらいでオッケイ。(?


一方、それにハッとするシャーリーですが
別に
間違ったやり方で(同情を買って)得た結果(キス)
というわけでスザクはいったんじゃないのですよ(違
まあこの二人も意外と近いかも知れませんね。

しかしシャーリーの空元気が今は痛いです。特にルルーシュには。


カレンにとってのゼロ、ルルーシュにとってのC.C.のような存在がスザクにもいればとは思うのですが。
思考に大分差がありますが、境遇的には
今のスザクとゼロと合う前にレジスタンスをやっていたカレンは似ていると思うんですよね。あとC.C.にあう前のルル・・・なんかにてない気がしてきたw

ある意味スザクが今いる環境って彼にとっては救いかもね。


ここは流してください(汗

そんなスザクに毎回冗談めかした言い方でツッコミを入れるロイド。
ある意味彼にとってはロイドこそが↑のような役割なのかも知れません。
いつもおちゃらけた態度ですが、いちいち核心をついてくるこの男、
逆にだからこそのいつもの態度なのかも知れませんし、
自分のキャラを一番理解してるのは彼でしょうか。
C.C.口調で本気でツッコまれたら多分スザク壊れるか暴走するかしそうなので。


「単なる人殺し」「無意味に血を流して」その他諸々
黒の騎士団を批判しつつ、
自分が黒の騎士団に対した放った批判そのもののことを自身でやってしまっているスザク。
俺自身はというと、スザクの言動に共感するところはありません。
言っている事自体は、ちょっと理想主義過ぎる感はあるものの
別に的外れでもないのですし、一般人とかまでテロリストをマンセーしだしてもしょうがないのですが、最初に言ったとおり「君がそれを言うかね?」というか。上記の通り、それを言うのがスザクで、彼はそれを行動で全く示せていないわけですから。
でもこういうキャラもまた一視聴者としては面白く、興味深い。
どちらか?と問われたら、俺は好きですね、スザク。

いつか暴かれるであろう彼の過去というものにも興味はありますし、それに彼がどう向き合うのか、そしてそれを知った後の変化というのもこれまた気になります。
もうちょっとスザク側の描写も、と思ってしまうのは贅沢な話でしょか



逆にルルーシュは結果第一。
ただ、結果が伴わなければ、無意味に混乱を読んだテロリストでしかないわけですし、結果を伴ってもまた風当たりは強いですが。
そういう覚悟も決めた回でした。

・バイザーはよ動けよバイザー
以前、「今度はうまくやる」とどっかの電波に言っていたC.C.ですが
今回同じ失敗はしない、とつぶやいたその先にはえっと・・・良く分からないバイザー
(以下、バイザー(仮名)で)

いかにも怪しげな感じだったので
実は前回、このバイザーがシャーリーとルルーシュの心理や葛藤の隙をついてチョッカイかけてくるかな?
とか考えていたのですが、今回もただ映っただけ。
はよ動かんかい。
次回の「ギアス対ギアス」の下りを見るとひょっとしてこのバイザーもギアス持ちなのかとも思うのですがいかがでしょう?
バイザーの左目部分だけボタン一つで透明になったりとか・・・シュールな絵になりそうだw
たぶんそんな事ではナイと思いますが気になりますね。




・俺は◯貞じゃない!!(と船を爆破)

だったらやだなあと余計な心配。
意外と子供だからそういう意地で黒くなりました的な所ありそうですよね。

多分ですけど、
ゼロは片瀬に実力があれば爆破することはなかったと思います。

「脱出ルートは一つしかないはずだが」
海へ逃げようとしたタンカーの動きを知った時のゼロの発言。
陸路、あるいはコーネリアのいた本陣ですね。
ゼロは同様に「私たちの覚悟と力を示せ!!」と言いました。
扇はやりかたに納得いってませんでしたが。

そういう意味で、片瀬が覚悟や力を見せれば、ルルーシュはおそらく助けたのではないかと思います。
彼が爆弾をしかけたのは、船ではなく脱出先の海中なのですから。
この場合正解はおそらく陸路(本陣のあたり)
流体サクラダイトという爆薬を積んでるわけですから、それを武器(あるいは「自爆諮詢」という脅し)に突破するというのがゼロの描いた「唯一の脱出経路」だったのではないかと。
そちらに突き進めば、最悪でも片瀬や幹部達だけは逃がせたかもしれませんし。
なにより片瀬が覚悟を決め、そしてそこまで考えを及ばせることが出来れば
タンカーの先に仕掛けた爆弾は意味がなくなってしまいますから、ゼロも認めて助けたでしょう。

しかし、タンカーは海へ逃げる事を選びました。爆弾が仕掛けられている方へ進みました。
片瀬は「力」と「覚悟」をゼロに示す事が出来ませんでした。
故にあの結果・・・。

なんかちげーよ!と聞こえてきそうですが、実際問題
陸に向かったらどうしたんでしょうねルルーシュは。

・ルパン走りディートハルト
別にギアス掛けられたんじゃなくて素なんですねw
つかこの人ただ刺激が欲しかっただけかよ・・・。


・白兜
「カレン!私について来い!!」
   ↓
まだ起動前のグロースターを先手必勝攻撃
   ↓
コーネリア機のスラッシュハーケンであっさり左腕飛ばされる
   ↓
でも紅蓮出てきて優位
   ↓
コーネリアを追いつめてご満悦のルル
   ↓
白兜飛び蹴り
   ↓
いつも通りボコボコ
   ↓
紅蓮弐式対ランスロット


お前ら飽きないな・・・。
実はルルーシュは一番悦に入ってるところから白兜におとされるのが好きな隠れドMなんじゃないかという気がしてきましたよ。
と追記

「どうしてお前は無意味に人の血を流す?」
スザクはともかくカレンには答えてましたねルル。
その事で決意を固めたのはカレンで、同時にルルーシュ自身もより決意を強固なモノにしたのですが、
たぶん同じ事をスザクに話したところで彼が受け入れる事はまずあり得ないでしょうかね。
あの通りですから。


さて、ゼロが躊躇してしまったきっかけはシャーリー。
覚悟決めたって言っても、その為に船爆破してみせても
やっぱりこう出てきちゃったら
まだまだ狼狽してしまいます。


まあそうでないとおもしろくないですしね。
引きは相変わらず生殺しw
次回が気になって仕方ない

勢いで書いたな~~・・・。








さて、最後に
当たり前ですが、コードギアスはコードギアスであって他の何者でもありませんし、またこれにしか出せないような色を出しているのも事実。

しかし同時に既存の何かに当てはめて例えてみたくなるのも事実

せっかくだしまとめてみました(馬鹿

当てはめはあくまでネタとしてしか扱った事はありません。
しかし、ネタとしてでもこういうの嫌いな方
ネタとして受け入れがたいという方はここまでがいいかと思います。
逆に関係ないところでネタバレかまされるかも知れませんので。

ばかばかしいです。

ではゴー。



コードギアス 反逆のルルーシュ 1 コードギアス 反逆のルルーシュ 1
木村貴宏、大河内一楼 他 (2007/01/26)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る

乙女魂-オトメダマ- コードギアス カレン・シュタットフェルト 乙女魂-オトメダマ- コードギアス カレン・シュタットフェルト
(2007/03/25)
バンダイ
この商品の詳細を見る



スクールランブル ♯208 

せっかく話がズドドンと来たのに
いよいよテンパイな馬鹿侍

いつものように馬鹿長文を流す余裕が無かったり。

2月まではこんな調子。
2月入ったらさらに危険かも。


とりあえずそんな俺のことなどさておき、いよいよ物語は佳境に。
ついに知ってしまったのか。事実を。
と決めつけるのはまだ早いきもしないでもないですがちょっと深く話すのがめんどくさい今ムズイのでこのへんで。
それとも「この女人の男にry」な勘違い怒りでしょうか(これはさすがにやめてくんろ、と超余計な心配)

何はともあれ賽は振られました。

なんか見たなと思ったらアニメでこんなのありましたね。
相変わらず烏丸のことなど無視で王道支援だけど
八雲的には播磨の想いに天満が答えてくれるのが一番いいのでしょうか・・・・・表向き。
そのうち某少女から「ホントは違うでしょ?いつまでもいい子でいいの?」なツッコミもまた来そうだったりスルーされそうだったりですが、ともかく今回はお嬢のお話。

あっちとは違って幽霊の女の子の代わりにお嬢様が出てきてしまったので、俺的にはウッヒョ~~、ですが修羅場です修羅場。

天満の最後のドアップが何かかわいい
ふとそんなことを思った馬鹿侍でした。


まあなんだ、 お嬢がんばれお嬢
そしてもう一度たのみたい。

「勝ってやるよ・・・オメーのために」
級の何かを。
天満ちゃんのためにな勘違いバーニングではなく、純粋に愛理のために燃える播磨がもう一度みたいものと贅沢な注文・・・・なきにしもあらずじゃないすか?



こらそこ夢見んなとか言わないの。
というか天満が絡んだりすると、
播磨の前でお嬢が天満に突っかかった時点で終わりなので
(どちらかというとそういうときは播磨がとばっちり受ける事が多いですが)
悩ましいところ。



でも、もし愛理に時間を割くつもりでしたら留学生も一旦絡めて欲しいところですね。
愛理が過去、今と決別・・というと言い過ぎですが克服・・・もなんか違うな、とにかくそんなエピソード見たくないですか?

時間割かなさそうでもありますけど。


うん、おしまい。
[ 2007/01/10 20:26 ] スクラン | TB(2) | CM(4)

DEATH NOTE 第13話「告白」 

天才は天然には勝てない

どこで見たんだっけなこれ。
何はともあれDEATH NOTE第13話「告白」の感想です。

マッドハウスさん・・・
もう
ロン・・!ロン・・・!ロンロンッ・・!
ロンッ・・・!ロンッ・・・!

ロォンッ・・・!

駆けめぐる脳内物質・・・!!(以下略


はいいんですよ?
あれはまあ原作からイーピン一個出すだけですごい演出でしたがw

とかいってますが毎回楽しみにしてますよこれは。
とはいえそろそろやばいので短めにて失礼。

意外と頭がいいのかと思わせるミサミサ。
「いや、馬鹿だ・・・目が本気だもの・・・(by北斗)」
念には念を入れ、石橋を叩いて渡った月ですが
あっさりばれてしまいました。
月だけ寿命が見えなかったんですね~。

とにかく危険なことこの上ない第二のキラですが、
自分の両親を殺した強盗を捌いたということで月にぞっこんラブ(死語)

もう最後の超演出とブラック過ぎる月の笑いには吹くしかありませんでしたww


だんだん雀ニック的になってきた番組後のあれ

久々に環さんボイスを聞きました(最近は「たまき」って打つと玉城って出て来ちゃうから困るw)
もちろん「ふ~じこちゃ~~ん」もばっちり堪能しましたですはい。



ranking2  ranking


DEATH NOTE 2 DEATH NOTE 2
大場つぐみ、 他 (2007/01/24)
バップ
この商品の詳細を見る
[ 2007/01/10 18:22 ] DEATH NOTE | TB(48) | CM(2)

10万ヒット御礼企画! 波動球の速度?を考える 

さて、10万ヒット記念企画として、
今話題の石田銀の波動球を俺なりにトンデモ分析してみたいと思います。

すでに波動球のスピードをエネルギー保存則などによって導かれている方(それによるとマッハ2とか7とかまあすごい速さで・・・。)もいらっしゃいますが、
ここは一発ずどんとかましてやろうではないかというわけです。

さて、俺が考えた結論としては意表をついて

・波動球とはいえ速度は200km/hくらい(20式)
まあ充分速いですけど、ここはあえてこの説で言ってみます。
タカさん、ラケットに当てて返そうとして吹っ飛んでるように見えるので(後述・・・かも。
波動球の速度は200km/hくらい。

ウ~む、なにいってるんだ お前は?
と思った方は石を投げる準備をして下へ進んでください。

200km/hのショットで人は吹っ飛ぶのか?
飛びます。ある条件をクリアすれば。
その条件とは

・ラケットにボールが当たる瞬間、テニスボールに質量欠損が起きる
はい、めっさ怪しくなってきましたw
つまり波動球とは、球に気かなにかをぶち込んで、こういう現象を起こさせるものなのです。
これなら「無効化」も納得、それをうち消してしまうのですね。
・・・ごめん、もう無理かもw

化学などは、基本的に等価交換を原則としています。
ある質量のものからは、同じ質量のものしか作る事が出来ないという 俗にいう質量保存の法則というわけですが
ごく一部においてこの法則が当てはまらない事というのもあるわけで。
(正確には全てにおいて当てはまってないのですが、その辺はスルー。)
早い話が、質量が一部消えてしまったりするわけです。


反応したら蒸発とかしてどっかに行ったから軽くなったというそういう訳ではありません。
文字通り「消滅」するのです。
質量保存の法則が無視(?)されるのです。
この消滅した質量はエネルギー(静止エネルギー)になります。
4、5年前なので記憶も結構微妙ですが高校物理では、最終的に「静止エネルギー」を含めた
エネルギー保存則を使いますね。

というわけで、
運動エネルギーに、静止エネルギーを加えて改めてエネルギー保存則を適応してみましょう。

この静止エネルギー、でかいです。
質量が「消滅」するなんて普通に考えてあり得ない事が起こるわけですから。


この時のテニスボールの質量欠損分の静止エネルギーが全てタカさん(72kg・・・パワーヒッターとはいえ中学生だしもうちょい軽そうだけど計算楽なので・・・。)にぶつけられると仮定すると、
仮にテニスボール(50g ・・実際は56gくらいらしいですが)の運動エネルギーを0(スピードゼロ)だとしても

0.000001mgの質量欠損で
タカさんを初速180km/h(50m/s)で吹っ飛ばす事が出来ます。

まあもうちょっと妥協すると(衝撃が四散すると考えて)
テニスボールの0.000008mgが消滅する代わりにタカさんが180km/hですっ飛ぶと。

計算違ってたらスミマセン。微妙に桁一個くらい違うかも。
初速180km/hってことはどのあたりまで飛ぶでしょう?
てか普通に死ねますが・・・。

これなら納得だ・・・・・・なわけねえよwww

ちなみに質量欠損が起こる反応、

まあぶっちゃけ核反応なわけですが。


核分裂か核融合かはこの際問題になりません。

全ての物質が「質量×光速の二乗」分のエネルギーを持っているわけですね。
もうちょっと複雑だった気がしないでもナイですが、もう忘れました。高3ですから、5年前のことですからね。
どうやったらテニスボールを構成する元素で核反応が起こるのかなんて知った事ではありませんが
そういうことですよ(意味不明・・・
炭素や窒素も若干不安定なものもあるし、一応原子核分裂は起こらなくもないんじゃなかったかな?
まあテニスで起こるわけもナイですけどね。

そもそもラケットはなんで無事なのかとか
ついでにテニスボールもなんで無事なのかとか
審判止めろよとか
突っ込むべきところは他にありすぎるのでまあここはここで終わりにしましょうw


それこそ音速ショットでソニックブームどころではなくなりそうですが、まあいいやww



結論;
速度は200km/hだがインパクトの瞬間及び当たる瞬間の質量欠損により
莫大なエネルギーが生まれる。
アインシュタイン先生万歳



これなら無効化の意味も納得(違


う~~ん、2点。1万点満点で。。。。


[ 2007/01/09 17:17 ] マンガ感想 | TB(0) | CM(0)

うっひょ~ 10万ヒット! 


10万ヒット!!


日曜日にジャンプの感想あげたときにすでに結構来てたので、おそらく月曜あたりにはそうなってるかな~、と思いつつ、諸事情によりテンパッてた馬鹿侍は今日まで書く事が出来ませんでした(汗

何はともあれ、これはめでたきかなめでたきかな。

HN、ブログ名ともにその場のノリでポッと決め、3日で早くも若干後悔し、という体たらくだったわけですがなんとかかんとか1年ちょい続ける事が出来ました。
・・・今のカウンターをくっつけたのは4月ですが。

ブログ名の通りに、しまりのない戯言をダラダラと垂れ流すのが常ですが、
TBを貼ってくださる方、コメントをくださった方、度々来てくださっている方、ふらりと立ち寄ってくださった方、そして検索でうっかりこんなオタブログに迷い込んでしまった方、
当ブログにお越しいただいた全ての方に、ただただ感謝感謝でございます

さて、10万ヒット記念企画として
「石田銀の波動球の威力を考える」
を馬鹿侍なりに新説ぶち上げてみました。
まあバカらしい事この上ないですがww
興味あったらこちらもどうぞ。

こんなブログと管理人ではありますが、今後ともよろしくお願いしますです。
[ 2007/01/09 17:14 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

  

Author:  
月間ゲーム人気投票

フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
926位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
461位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム