FC2ブログ
ブログパーツ

THE 跡地

跡地。最近は実験用。見境なし、興味あるなしも関係なく思い出したように勢いで書くだけ。 一時期おお振り用にしようかと思ったこともありました。思っただけですけどね。

おおきく振りかぶって 第2話 「キャッチャーの役割」 

 

今頃気付きましたが、

元ネタの史実に沿うなら

三橋達って俺と同世代?


て、これはあくまで言ったとおり「元ネタ」の話であって、おお振りの設定とは関係ないですけどねww
というわけで、パワプロで再現するときは高卒6年目(寺原世代)にしときましょう。

というのも、おお振りの舞台は埼玉ですが、
県立西浦高校は、ひぐち先生の母校でもある県立浦和西高校をモチーフとしている(なるほど、名前のもじり方も何となく納得ですねw)わけです。

ちなみにその浦和西、野球部が軟式から硬式に変わったのが実は1999年とそこそこ最近のお話・・・というかぶっちゃけると俺らの時代のお話です。
なんか中三の時、高校受験で近所の知り合いが、浦和西はどうも野球部が硬式になるらしいとか何とか言って色々悩んでいたのを今になって漠然と思い出しました。


さらにちなみに、置いてきぼりなネタを話しますと、
この浦和西高、現在は木崎(旧浦和市の真ん中よりちょい東)にあるのですが、昔、別所(ちょい西)にあったときに「浦和第二高校」から「浦和西」へと名前を変えたので、場所が移動したときにもこの校名のままだったとか。
大学の知り合いに同郷者が多いのはなぜだろう?

唐突に出てきた内輪?ネタに、置いてきぼりでものっそい地元トークな前置き済んだところで、行きますよ~~♪


おおきく振りかぶって 1 おおきく振りかぶって 1
黒田洋介、吉田隆彦 他 (2007/06/27)
アニプレックス
この商品の詳細を見る



[ 2007/04/21 19:19 ] おお振り感想(旧) | TB(23) | CM(6)

マガスペがない・・・・ 

マガスペがない・・・・・orz

先月からその香りはありましたが、どうもマガスぺが近く探してもないのです。
スクランの他にも俺キャプとかさりげに見てる俺としては・・・・、
まあいいや、暫くほっといてくれw

そのうち見つかったらなんか書くカモ。

と、後2つか・・・。
[ 2007/04/20 20:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

スクールランブル ♯221(222) 

やっつけしりーず第3段はスクランだ!
ちょっと時間がいよいよなくなってきたのでサササッとやってしまいますが、スクールランブル♯221の感想?です。


つか、作業の片手間にブログ書いてるので、実はこの記事の制作時間も1時間近くになりそうですww

さて、

やはり俺の予想?というかシナリオから外れた話ではないので、
基本的には先週と半年前の俺の記事を参照って事で一つ・・・・・。
1ついうならば、実は今回のやり取り、先週よりは俺の「妄想」よりな話だったと思いますよ。

今週の美琴と花井(今回は特に美琴ですね)がどのくらいの意識なのか?というのはみなさん気になるところで、それぞれ色々と思いを巡らせていたりする所かとは思いますが、
俺的には一言で表すなら「ちょっと気付いた上で、なんでもない」という印象でしょうか。
詳しく語るのは今週はちょっと放棄(なんて無責任・・・。

しかし切り火(火打ち石でカチカチ)とはまた古風なおまじないをかましますね。
落語家、とび職、大工あたりがよく使っていたまじないなので、まあアリっちゃアリですか。


現在俺がテンパッてるからとかそういう訳じゃなくて、
特にそれほど文字にできるものがなかったので、
この話、決着が付いたら(やっぱり合併号の辺りかな~、と漠然と予想)一旦語りましょう。・・・・・て合併号って来週じゃないか・・・。


来週は確実に火曜の朝から水曜の夜まではずっと大学にいてなんかやってるので、

1.水曜にショボく更新
2.木曜に空回り熱語り

のどっちかかな。
いつもなら研究室からちびちび行くところだが、多分デスノ、クレイのあたりを書いてたら時間が足りなくなるので・・・。

それ以前に、来週が合併号なら、そこでクライマックス、よりは、何か爆弾落っことして終わりな気がしますね。
2週間引っ張るの大好きだもん、先生・・・。

とにかく今週は

美琴かわいすぎるよ美琴。
火ついたの火打ち石のせいじゃないだろ。距離的に考えて・・・。
鈴木(知的眼鏡モブ女子と勝手に妄想中)の出番マダー?


の3本でお送りしました。

後、やっぱり回想ネタというのは良いものだ、
そんな感想も抱きつつ、不完全燃焼も良いところで感想?は終わり。


ふたを開けてみれば3時間たってるとかwwwwwww
しかも関係ないことはぐちゃぐちゃ書いているという・・・。
すんません、マジでorz




[ 2007/04/18 23:40 ] スクラン | TB(1) | CM(5)

CLAYMORE 第3話「まほろばの闇」 

さて、やっつけシリーズ第2弾クレイモアですよ。

CLAYMORE 第3話「まほろばの闇」の感想です。

クレアはもう少し感情的、な印象を受けました。
相変わらず表情は変わりませんが・・・。
さりげにラキを気遣ったりと、いい感じですね。
表情は以下省略
それより司祭が俗物過ぎて吹いたw
そしてラキもなんかいい感じになってきた今回、司祭やら偉そうな兵士やら色々出てきましたが

兵士2人、ヘタレるのはやっ!w
おかげでクレアがピンチになってしまったところで今回は終わり。
退く勇気ってやつですね。

異常食欲者の特徴を聞けば聞くほど禿司祭があやしさ爆発な今日この頃です。

しかしそれでは月並み・・・・。

ここは一つ、とても聖都で客商売してるとは思えない髪型の宿屋のおやじAを勝手に疑っておきましょう

いや、なくはないなこれ・・・。
フェードアウトの仕方にどうでもいい違和感を覚えましたしw

どうも最近キレが・・・。

まあ真面目には誰でしょうね?


CLAYMORE Limited Edition Sequence.1 CLAYMORE Limited Edition Sequence.1
小林靖子、梅原隆弘 他 (2007/07/25)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る


CLAYMORE Chapter.1 CLAYMORE Chapter.1
小林靖子、梅原隆弘 他 (2007/07/25)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る
[ 2007/04/18 20:08 ] CLAYMORE | TB(21) | CM(2)

DEATH NOTE 第27話「誘拐」 

やっつけシリーズ一発目、デスノート。

DEATH NOTE第27話「誘拐」の感想です。

ニアとメロが動き始めました。二人の声・・・誰だろう(キャストくらいちゃんと見ろよ!というツッコミはなしの方向でw


今日も元気に眼鏡を白光りさせる親父殿、カッコよすww
粧裕ってばすっかり綺麗になって、親としては気が気でないでしょうが
あの親父とあの兄貴とあの義姉(仮)では男もそうカンタンには寄りつけないでしょうww

というか、他のメンツが変わって無さ過ぎて、粧裕が帰ってこなかったら数年たってたことを素で忘れてそうだと思いましたw

松田いい味だしてますが撃沈。


ニアとメロはあくまで好き勝手に行動してるみたいですが、なんかメロはかなり過激な感じで、長官、そしてあげくには粧裕まで誘拐します。

「パズルを解く」ニア
「ゲームに勝つ」メロ

というわけで?メロの方が対抗心はむき出しなのはこの辺からもあらわれてる?

と、ここでニアが月と接触を持ったところで終わり・・・

生殺しですねえ。
男の悲しい性を表すボンバー&モッチー&前田&松田の馬鹿にはまあ笑ったww

シスコン月とかみたいとこでもありそうでもなかったりですが、さて、どうする?


むう・・・やっつけとか関係なしに、それほど書くことなかったな今回・・・・。
とりあえずグダグダにならないように最後までビシッと締めて欲しいと願ったり。

ここらで少年誌(ジャ○プ)特有?の、
「とりあえず凄そうな組織出して話をでっかくしておこう」病がでてるような気がしたわけです。
どうでもいいですか?そうですか。



[ 2007/04/18 18:04 ] DEATH NOTE | TB(27) | CM(2)

だいぶテンパイ 

結局、今年度初となる大学での一泊をかました昨夜。
ソファで寝たら微妙に首が痛かった・・・・。

教授が海外に飛んでるらしく、午後の授業一個が休講になったので、研究室に戻ってきてこんなことしてるのですが、
げんざい割とテンパイです(意味不明

記事番号がそろそろアレに近づいていることもあって、
しばらくやっつけてきな記事ができそうです(汗

やっつけのとばっちりを受けるのは、デスノ、クレイモア、スクラン(♯、ひょっとしたら♭も)のあたり。
まあ俺が自己満足で感想を書いてるわけですから、別に短くなったところでどうでもいい、という方がほとんどかと思いますが、近況報告もかねてちょっとだけ。
ではさらばっと。
[ 2007/04/17 13:45 ] 学業とか | TB(0) | CM(0)

ヒロイック・エイジ 第3話 「英雄の種族」 

エイジじゃなくてもいいのですが、こういう何も知らずに、好奇心旺盛で、純真、無垢なキャラを対象とした

育成SLGチックな乙女ゲー

とか割と需要あるんじゃないか?


今週のエイジを見ていたら、そんなしょうもない感想をいだいてしまった馬鹿侍でした。

ひょっとしたらもうあるのかもね、誰かしら考え付いて作ってそうだし・・・。
まあ俺的にはそこはどちらでもいいのですが・・・・・。

前の研究室と違って、この時間になるとほとんど皆さん帰ってしまいます・・・・向こうが異常だったのか・・・?
まあそんなわけで今はやりたい放題?

くだらないこといってないで、ヒロイック・エイジ第3話「英雄の種族」の感想です。
[ 2007/04/16 19:47 ] ヒロイック・エイジ | TB(51) | CM(0)

デスクトップバトン 

「欲望の赴くままに」のカグさんからいただきましたデスクトップバトンでございますですよ。
ご指名ありがとうございます。

さて・・・早速突っ走っていきましょうか。
[ 2007/04/15 21:30 ] バトン | TB(2) | CM(4)
プロフィール

  

Author:  
月間ゲーム人気投票

フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1376位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
607位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム