ブログパーツ

おおきく振りかぶって 第48話

跡地。最近は実験用。見境なし、興味あるなしも関係なく思い出したように勢いで書くだけ。 一時期おお振り用にしようかと思ったこともありました。思っただけですけどね。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おおきく振りかぶって 第48話 

 
「てめ、走路に!」

明らかに持ってくるセリフ間違えたwwww


おおきく振りかぶって、第48話、ですか。

アフタヌーンです。原作です。ネタバレです。 倉田のエピソード。

二三塁。
スクイズ。
そして走路上に阿部。

「てめ、走路に!」(*)

ここで凄いラフプレイフラグに見えましたがここはなし。
無しって言い方はおかしいですね。
沖の送球が逸れてしまい、阿部が倉田に乗り上げる形、とっさに避けた阿部が足を捻って・・・・・・「二度」ですか。
重いな・・・・。

やはりというか、起こってしまいましたね。
こういう感じで起こるとは思いませんでしたが、
阿部があまりにも切なすぎた。
三橋が何か格好良かった。
そして、こういう時の田島の対処ってすごいと感心した。
大黒柱でもある阿部がいないグラウンド。
後2つのアウトを取ることは出来るのか。

やってしまいましたね。
阿部は無事・・・とはいきませんよね。
でも、意地張って強行出場とかしなくて良かったです。

しばらくは治療に専念しなくちゃだけど、伸びるのはこれから、先生も3年描くとおっしゃっていますから、今回の事は残念で、阿部の無念と自責が痛いほど伝わってくるけど、また次に・・・ね。



後はこの試合でしょうか。
田島がよく分からないリード連発して敵が微妙に混乱するとかそんな「キャッチャー岩鬼」現象が起こるかも知れませんがw
基本的には凄い不利。
つか、もともと馬力の違う相手でしたからね。
なんとかアウト2つ。
変わった西広
クソレフトからクソサードに変更になった水谷にも注目か。

後は三橋ですね。
キャッチャーの古田さんか誰かの言葉にありますが
「首を振らない投手は成長しない」
という事もあります。

阿部がいない状態で彼がどれくらい成長するかもまた見物でしょう。



さて、では、色々と言われているあのプレーに付いて、うだうだと言ってみます。


・漫画と現実
おおきく振りかぶって」は、非常にリアルで本格的な野球漫画だと煽りに書いてあります。
あれのせいで逆に損してる部分てあるかなとか思うこともごくたまにあって。

野球の描写、練習の描写は非常にリアルで、説得力を持って書かれています。
ただ、それと「現実的であること」「実際に即していること」はほんの少し違うんですよ。

特にキャッチャーの場合は非常にその辺が
「狙って描かれているのか」
「先生があまり知らないだけなのか」
が曖昧だったりします。
今回もそう。

普通に考えれば
「野球漫画なんだから非現実的でもいいじゃん」
となるのですがこれはそうもいかない面がありますからね。


さてそこで
倉田の「てめ、走路に!」というセリフです。

あの時、阿部は走路上に立ってましたね。
「ブロックしなきゃだしあれくらいいいんじゃないの?」
という疑問もあるのではないかと(勝手に)思ってますが。

実は、捕手がベースを隠し走路上に立つことが許されるのは
・ボールを持っているとき
・捕球寸前の状態であるとき

の2つです。
あの時の阿部は、まだ沖に指示を出している段階。
その状態の捕手がホームベース、走路を塞ぐと言うことは、
完全に「走塁妨害」にあたります。
つか、実はそこそこ悪質だと感じます。まあ罰則あるので、そこはいいと思うんですけど。
ついでに言うと、取った後も、ベースの一角を開けておくのが普通ですね。
完全に隠すとぶつかられます。

と、走路というのとホームベースはもちろん違いますが、一応倉田の反応からそういう事だと勝手に解釈して説明します。

ちなみにプロやメジャーにおいては学生野球のそれに比べ、若干その判定がゆるめです。
ただし、基本的にボールを持っていないキャッチャーがベースを塞ぐのは反則です。
ゆるめというのは
上にあるうちの「捕球寸前」の解釈だと思いますが。

あくまで、「代償」を支払う代わりに、そういうことをすることが若干甘めに認められているということです。

代償、それは走者のタックル。
元々いてはいけない人間がそこにいる(そしてある程度黙認されている)のですから、
相当激しいタックルを仕掛けられることもあります。


俺はメジャーのそういうとこがあんまり好きじゃないんだけど、
目には目をてことで
そういう妨害キャッチャーには必要以上に激しいタックルが浴びせられます。
まあこれは自業自得?というか、本来ならば走塁妨害なんですから
また、捕手もそれを覚悟の上であえて本塁上で「来るなら来い!」と待ちかまえる、というわけです。

が、たま~に、ちゃんと走路やベースの一角を開けているのに突っ込んでくる奴とかがいるんですけどね、向こうは。
そうすると乱闘とか起こったりくだらない報復合戦とかが起こるのですが。

メジャーであった、イチローと城島のプレー。




コメント非表示推奨。

城島が若干前で構えているのがおわかりいただけるでしょうか。
これはその走路をあけるという決まりに則っているからです。
そしてイチローの送球にあわせてほんの少し左(走路側)にシフトします。

それでもまだ走路は空いてると思いますが、そこはメジャーですから
敵も間に合わないと見るや強烈なタックルを仕掛けてきます。
つかこういうのはダメだろ、って思うんですけどね。
走路をちゃんと開けてる城島にわざわざぶつかるのですからこれは乱暴なプレーです。
体重100kg位の人間が全速力で突進してくるんですから、そうとうな恐怖です。
ただ、向こうではこういうのが多くて、それに対してこちらも走路を塞ぐとかそういうことをせずに完全に封じ込めた城島は、この時初めてメジャーで認められた、という風な事を言っていましたね。



これは桐青戦の時の和さん(詳しくは今週のアニメで)でも感じたんですけど、
現実的に考えたらかなりひどいことやってるけど
この漫画では、そういうのは肯定されている、と考えるべきなんでしょうね。
なまじ「現実的」と煽ってる(煽ってるのは帯書いてる編集であって、ひぐち先生ではないのですが)せいで、
そういう部分が気になったりならなかったりする人もいるみたいです。

・阿部の覚悟
先に高校野球における走塁妨害の話は出ましたが
おおきく振りかぶっては「漫画」です。

なまじ現実的とか言われるからああいうプレイに対してイチャモン付きますし、逆にああいったプレイが本当にあるものだと思われてしまう弊害もありますが、
漫画なんだから多分それはいいんだろう、でいいんですよ。

そもそも現実に即して「阿部、反則じゃねえか」なんて突っ込む場ではないのです。
ただ、それでもあえて書かせていただいたのは、
上の方で書いたとおりですね。

最初に述べたとおり、現実の高校野球ではあれは反則行為です。
倉田は何もしなくても自チームに一点が入ります。

ですが、おお振りの世界ではあれは走塁妨害気味だけど、ある程度はオッケイ、位の認識をされている、と勝手に俺は解釈します。


つまり、ここでは、あそこから阿部が何を考えたかを勝手に考えるのがいいのではないかと。

あのシーン、阿部は自分と倉田の体格差を知った上で
「ここは絶対に守る、どんな激しいタックルを仕掛けられても構わない」
という覚悟を決めていたのでしょう。
以前三橋にバックホーム躊躇された事もあり、ちょっと意地になっていた部分もあるかも知れませんね。

実際あの場面では
阿部の方がいてはいけない場所に立っているので、倉田側が少々乱暴にそれをどかす、というのは「おお振り」的には構わない状況だったのです。
阿部自身がそれを覚悟したうえで、あそこに立ちはだかるという決意をしたのですから。
しかし、現実的には倉田はラフプレイをしないことを決意し、
阿部のケガは・・・・逸れた送球を捕って倉田を踏まないようにしようとした結果でした。
どこまで狙っているのか分かりませんが、相変わらず先生凄い人だと思うのです。
あ~、でもやっぱり阿部がああなってしまったのは衝撃でしたね・・・。

現実的には走塁妨害。
でも、物語の中では、阿部の決意と覚悟が伝わってきたシーンでした。

・・・・・つのは勝手な俺の考えなのですがw

ただ単純に先生がご存じないだけかもしれないですし、先走りは禁物です。

三橋がマウンドに異様に執着しているように
阿部のあそこに座り、リードし、そして守る事に対する執着もまた凄まじきもの。

この結果は本当に残念。
しかし、まだ彼らの話は始まったばかりですから。


・・・・でも3年を描くって、リアルタイムでは何年くらいかかるんだろ・・・。



スポンサーサイト
[ 2007/09/01 18:19 ] おお振り感想(旧) | TB(1) | CM(4)
野球のルール・・・埼玉戦の時は敬遠問題で・・・
今回は本塁上のタックルとブロックですね~・・・
私は・・・沖の暴投は無意識的に阿部を走路から離したかったんじゃないかな・・・?
とか深読みしちゃってます(だって沖ビビリだもん)
[ 2007/09/02 17:39 ] [ 編集 ]
こんばんはっ。

高校野球では怪我防止の為に、こういうのは結構厳しいみたいです。
でも、漫画ではあえてああ描くということで、阿部の気持ちが伝わってきたような気がしました。

沖のやったグラブトスは、三橋が桐青戦でやった素手で捕って投げるのより、ボールを素早く拾えるかわりに、ホントに熟練した人じゃないと今回みたいに変な所投げてしまいやすいんですよ。
阿部は、普段の練習とかあの場の状況とか瞬時に的確に判断した上で「グラブトス」を指示したんだと思うんですけど、結果的にはそれがあの結果を生んでしまいましたね。

沖はビビリですから、責任感じてプレイに影響してしまうかも知れない・・・結構心配事が多いですね。
この試合もですけど、やっぱり阿部の安否が心配で・・・・・来月が待てない日々はまだまだ続きそうです。

ではでは、コメントありがとうございました。
[ 2007/09/02 18:54 ] [ 編集 ]
私は・・・花井の逆転ホームランが見たいです~・・・
桐青戦で三橋は・・・オレが打たれなければ勝てる・・・って・・・プレッシャー背負ってたけど・・・
打たれても・・・味方の打線がそれ以上に打ってくれりゃ・・・勝てる・・・
阿部はバッテリー中心思考ですが・・・
三橋は3巻でモノローグしてますよね・・・
野球はチームでやるんだ!と・・・
[ 2007/09/05 09:17 ] [ 編集 ]
劇的な展開もあるとおもしろいですよね。

次の回はその花井まで回りそうですし、なかなか楽しみになってきました。
三橋は結構前からチームのありがたみというのは実感しているんですよね。
この試合は三橋の中で阿部君のおかげ度が大きかったような気がしますが、
全員で乗り切ってほしいところです。
阿部の気持ちも三橋に痛いほど伝わったと思いますし。

では。
[ 2007/09/05 21:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://bakazamurai.blog37.fc2.com/tb.php/773-57b32f3d

品質評価 24 / 萌え評価 41 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 9 / お色気評価 19 / 総合評価 18レビュー数 136 件 三星学園との練習試合に逆転勝利した西浦高校。しかし勝利の余韻に浸る間もなく、西浦高校は翌日も朝から練習だ。そこで三橋は、阿部と中学が一
プロフィール

  

Author:  
月間ゲーム人気投票

フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1998位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
877位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。